お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

CNET Japan ブログ

スタンフォード大学「Spectrum Policy: Property or Commons?」コンファレンス

2003/01/30 06:29
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

プロフィール

umeda

シリコンバレーで経営コンサルティングを行なう傍ら、ベンチャーキャピタリストとしても活躍する梅田望夫さんが、IT業界の先を読むのに役立つ英文コンテンツを毎日紹介していきます。これを読めば、英語と業界動向を読む力が同時に身に付くはず(このブログの更新は2004年12月30日で終了しました)。
ブログ管理

最近のエントリー

3月1日、2日に、スタンフォード大学で、「Spectrum Policy: Property or Commons?」というコンファレンスが開催される。主題は、

「An emerging consensus holds that the traditional system of governmentally-allocated spectrum rights inhibits innovation and competition. The central question now facing policy makers is what form of spectrum management should replace the existing system.」

「Since its discovery, small chunks of spectrum have been auctioned off to the highest bidder, or given away to commercial interests in exchange for their submission to government regulation. Laws prohibit the resale of spectrum, which means that unused spectrum cannot be transferred to others who want it, and is therefore wasted. 」

「As a result, would-be innovators never know if spectrum will be available for their new inventions. Consequently, they can't factor it into a business plan, or build new wireless applications in their garage knowing that the necessary spectrum will be available to their future customers. 」

「In an effort to encourage innovation, critics of the current model have proposed radical - and radically different -- reforms.」

スピーカーも充実し、FCC ChairmanのMichael Powellも参加する。
このコンファレンスの内容は、テーマや主催者の性格から、何が議論されたかは、ほぼすべてリアルタイムでネット上に公開されるであろうから、物理的に参加できない人も、こういうコンファレンスがこの時期にあるのだということを記憶しておき、きちんとフォローすることをお勧めする。

※このエントリは CNET Japan ブロガーにより投稿されたものです。朝日インタラクティブ および CNET Japan 編集部の見解・意向を示すものではありません。
運営事務局に問題を報告

最新ブログエントリー

個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社