お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

CNET Japan ブログ

ハーバード・ビジネススクールのCalifornia Research Center

2003/01/27 05:24
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

プロフィール

umeda

シリコンバレーで経営コンサルティングを行なう傍ら、ベンチャーキャピタリストとしても活躍する梅田望夫さんが、IT業界の先を読むのに役立つ英文コンテンツを毎日紹介していきます。これを読めば、英語と業界動向を読む力が同時に身に付くはず(このブログの更新は2004年12月30日で終了しました)。
ブログ管理

最近のエントリー

5周年を迎えたハーバード・ビジネススクールのCalifornia Research Center(在シリコンバレー)のトップ・インタビュー
全体的に示唆に富むコメントの多いインタビューである。ところで、ハーバード・ビジネススクールはこの研究センターで何をやっているのか。

「People saw that Harvard Business School's primary interest was not building a campus here but doing research and case writing, which is complementary to these other schools because they do not do that much case writing themselves.」

ここでケースを書いているのである。1997年から110個のケースが書かれたという。ハーバードのケースについては、以前のBlogもあわせてご参照。

テーマは、Internet: 37個、Telecom and Networking: 14個、Venture Capital:9個、Software: 9個、Computers and Storage: 6個、Medical Devices: 5個、Philanthropy and non-profit: 5個、Biotech: 4個、Financial Services: 4個、Education (for-profit) 3個、Semiconductors: 2個、その他が12個とのこと。スタートアップ企業のケースもたくさん書かれた。このインタビュー記事を読んで興味を持ったケース(会社)があれば、オンラインで購入してみたらいい。だいたいひとつ6ドルか7ドルくらいだったと思う。何かひとつ読んでみると、ハーバードのケースがどんなものかよくわかるはずである。また、このオンライン購入サイトで、思いついたキーワードで(たとえばeBayみたいな)検索してみると、企業活動に関するさまざまな過去の経験が、きちんと明文化されて継承され、それらがビジネス教育に活用されていることがよくわかる。こういう蓄積は、間違いなく米国の競争優位につながっている。

シリコンバレーの特徴についての以下二つのコメントは、全くその通りだと思う。

「Well, I do think out here there's a lot more give and take between firms. People tend to not go and stay at one place for ten or twenty years, and people believe that's fine, that it's one way in which the whole Valley becomes more creative. There's a sense almost that this area is one large company, and that companies are really more like divisions than companies. So, people are much freer in sharing ideas and information, and I think a lot of that now is probably beginning to become true on the East Coast as well, but people here are very open about things.」

「Silicon Valley is an incredibly inventive place, and historically there have been boom and bust cycles in terms of technological invention. Now we are going through a time of consolidation, even in industries such as venture capital. But I believe that another wave of invention will begin within the next three to four years. The next wave could be nanotechnology or technologies that build on high-speed networks as those become widely available in both homes and businesses. There's always something new and exciting, and that's why the three of us love working here, because intellectually there couldn't be a more fascinating job.」

※このエントリは CNET Japan ブロガーにより投稿されたものです。朝日インタラクティブ および CNET Japan 編集部の見解・意向を示すものではありません。
運営事務局に問題を報告

最新ブログエントリー

個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社