お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

CNET Japan ブログ

Economist誌のInternet Societyに関するSurvey

2003/01/26 00:23
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

プロフィール

umeda

シリコンバレーで経営コンサルティングを行なう傍ら、ベンチャーキャピタリストとしても活躍する梅田望夫さんが、IT業界の先を読むのに役立つ英文コンテンツを毎日紹介していきます。これを読めば、英語と業界動向を読む力が同時に身に付くはず(このブログの更新は2004年12月30日で終了しました)。
ブログ管理

最近のエントリー

Economist誌には毎号、雑誌の中綴じのあたりに「Survey」という特集がある。そのテーマは毎号異なり多岐にわたるが、内容はいつもとても充実していて、紙の雑誌の場合は、この「Survey」をそのまま雑誌から切り離して保存することができる。

1/23号の「Survey」は、「Internet Society」がテーマ。しばらくはネットでも無償で読めると思う(後から検索しようとすると金がかかるはず)。できるだけ早く、じっくりと読むことをぜひお勧めしたい。この「Survey」は、
Digital dilemmas(序) 、
No hiding place (プライバシー)、
A fine balance (著作権)、
Power to the people (直接民主制)、
Caught in the net (抑圧的管理志向の政治体制)、
Through a glass darkly (総括: “The biggest decisions about the internet's future will be political and social, not technological”)からなる六本の主要記事と、
Only disconnect (2033年の社会イメージのスナップショット)
から構成されている。
加えて、雑誌には載っていないおまけとして、ネット上に、
Author interview (David Manasianのインタビュー音声)、
Sources (ネット上で検索可能な参考文献リスト)
が載っている。

序にあたる「Digital Dilemmas」で書かれる、この特集の意図と背景だけ簡単に解説しておこう。

「Far from being over, the computer and telecoms revolution that created the internet has barely begun. These technologies will change almost every aspect of our lives-private, social, cultural, economic and political. In some areas, the changes may be marginal, but in most they will be profound, and unprecedented.」

という文章でもわかるように、インターネットが我々の社会・経済・政治に本当のインパクトを及ぼすのはこれからだという前提に立ち、

「But the social changes over the coming decades are likely to be much more extensive, and to happen much faster, than any in the past, because the technologies driving them are continuing to develop at a breakneck pace. More importantly, they look as if together they will be as pervasive and ubiquitous as electricity. Whether this will be for good or ill is impossible to predict, because how they are applied will be a matter of social and political choice. Many of these choices will be difficult and divisive.」

しかし、それが本当に私たちにとって良いことになるのか否かは今の時点では予測できず、ひとえにこれからの我々の難しい選択に委ねられている、という立場を取っている。

「Billions of dollars have been lost betting on the idea that the internet would quickly change everything from retailing to
entertainment. Internet usage has continued to grow, but most dotcoms have failed, and the telecommunications industry, which raced to build the infrastructure for cyberspace, is staggering under $1 trillion of debt. Yet it would be wrong to conclude that this is the end of the internet revolution. Boom and bust often follow the introduction of radically new technologies.」

全く同感である。根拠として、この記事では、米国の鉄道バブルとその後の米国経済・社会の変質という歴史からのアナロジーと、インターネットを支える基本技術の進展が全く衰えを見せないことを論旨としている。そして、

「For the sake of argument, this survey will assume that we are heading towards a networked society of ubiquitous, mobile communications capable of constant monitoring. Whether this arrives in 20, 30 or 40 years does not really matter. The point is that the destination seems not merely possible, but probable, so it is not too soon to ask: what do we want this technology to do?」

この技術を使って我々は何をしたいのか、それを考えることが重要だと主張する。

「The internet has already thrown up a host of legal and political conundrums, but these are only a small foretaste of the dilemmas-about privacy, security, intellectual property and the nature of government itself-that will have to be faced over the coming decades. The debate has already begun. This survey will outline some of main issues, and speculate on the way they are likely to go.」

特に、IT産業に関わっていたり、ITに興味を持ってはいるが、プライバシー、著作権や政府の役割といった社会的側面にはそれほど興味がなかったという人にとって、この「Survey」は包括的な視点を与えてくれるすぐれた論考だと思う。単に、現在起こりつつある社会問題の論点を把握するためだけでなく、これからの技術や経済の方向性を考える上で、発想が刺激されることは間違いない。

※このエントリは CNET Japan ブロガーにより投稿されたものです。朝日インタラクティブ および CNET Japan 編集部の見解・意向を示すものではありません。
運営事務局に問題を報告

最新ブログエントリー

個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社