お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

CNET Japan ブログ

フィオリーナの挑戦

2003/01/17 06:56
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

プロフィール

umeda

シリコンバレーで経営コンサルティングを行なう傍ら、ベンチャーキャピタリストとしても活躍する梅田望夫さんが、IT業界の先を読むのに役立つ英文コンテンツを毎日紹介していきます。これを読めば、英語と業界動向を読む力が同時に身に付くはず(このブログの更新は2004年12月30日で終了しました)。
ブログ管理

最近のエントリー

HPのCEO、カーリー・フィオリーナについての最新記事「The Carly Chronicles: An Inside Look at Her Campaign to Reinvent HP」が「Fast Company」最新号に掲載された。フィオリーナの挑戦は、

「Her strategic and operational mandate: to breathe new life into a proud but aging company and to successfully execute one of the most audacious business transformations of all time.」

という文章に要約される。日本企業の抱える問題とHPが抱える問題は本質的に同じだ。「to breathe new life into a proud but aging company」というのが言い得て妙である。この記事は、
Perfect Enough: Carly Fiorina and the Reinvention of Hewlett-Packard ( Portfolio, 2003 )」という新刊の著者による抜粋

「This excerpt presents five crucial scenes along the way, dramatic moments that illuminate both the challenge that Fiorina has faced and her approach to tackling the task.」

である。

フィオリーナを面接したHPのHackbornの98年のコメントは、今の日本の総合電機・エレクトロニクス・メーカーのBusiness Challengeと本質的に同じである。

「Hackborn guided Fiorina through HP's business challenges that needed fixing: The personal-computing division was acting as if fast-charging rival Dell Computer Corp. didn't exist. The sales force was tripping over itself. The company was losing ground to younger rivals, such as Dell, Lexmark, and Sun Microsystems, which irked Hackborn greatly. "We're in danger of losing everything that made this company great," he said.」

HPも日本企業も、新卒社員が会社という共同体に属したら、その会社を辞めずに一生働くというモデルで、会社の中がそういう人たちばかりである点がよく似ている。それが強みだった時代もあったが、今は弱みになった。コンパック買収の意図の一つは、その風土を完全に破壊することであった。

「What's more, the Compaq acquisition brought 65,000 fresh faces into the company. Most of those employees didn't mind redefining HP Carly's way. They had job-hopped already; they were comfortable settling into new assignments and getting the job done, without agonizing over each cultural adjustment. As Fiorina acknowledged soon after the deal became effective, "part of what we've done in the merger is inject new DNA."」

今、フィオリーナはHPの創業者信仰を否定し、マイクロソフトとIBMという「the powerful pragmatists」を目指す姿勢を打ち出している。

「In the abstract, founders Hewlett and Packard were still her heroes. But after the HP-Compaq merger battle subsided, she largely stopped talking about the founders. It was as if she had put them back on the mantelpiece, protected with dust covers. Instead, she cited two different companies, unbidden, as examples of enterprises that got it right. They were Microsoft and IBM, the powerful pragmatists.」

日本企業に勤める共同体信仰の強い人々は、心の中でこう思うことだろう。

「そんなことまでして、仮に復活できたとしても、そこに、いったい何の意味があるんだ?」

※このエントリは CNET Japan ブロガーにより投稿されたものです。朝日インタラクティブ および CNET Japan 編集部の見解・意向を示すものではありません。
運営事務局に問題を報告

最新ブログエントリー

個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社