お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

CNET Japan ブログ

コンテンツは糞か: Creative Commonsをめぐって

2003/01/17 20:47
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

プロフィール

umeda

シリコンバレーで経営コンサルティングを行なう傍ら、ベンチャーキャピタリストとしても活躍する梅田望夫さんが、IT業界の先を読むのに役立つ英文コンテンツを毎日紹介していきます。これを読めば、英語と業界動向を読む力が同時に身に付くはず(このブログの更新は2004年12月30日で終了しました)。
ブログ管理

最近のエントリー

クリエイティブ・コモンズに関して、Arnold Kingが「Contents is crap」(コンテンツは糞だ)というコラムを1/13に書いた。

「While there are many Net-heads who share Dan Gillmor's enthusiasm for Creative Commons, I do not. It has little or no significance, because it is based on a strikingly naive 60's-retro ideological view of how content intermediaries function.」

クリエイティブ・コモンズ推進者をわざと刺激するような書き方である。

「The public water system is somewhat unpleasant to think about. Basically, the stuff you flush down the toilet gets sent through a filtering system. That system "treats" the sewage until what remains is sufficiently pure to send back to you as drinking water. As content intermediaries, publishers perform an analogous function.
Individual software writers, authors, and musicians produce something close to raw sewage. The computer programs, books, and music that people buy are closer to drinkable water. 」

Publisherは、トイレから膨大に垂れ流されるcrapいっばいの汚水を、フィルターで浄水して読者に飲ませる役割だというわけだ。本当にcrapの比喩を使っている。

「They add value by filtering out content that people do not want and by having established mechanisms for collecting revenue and distributing royalties to authors.」

がPublisherの現在の役割だが、ネット時代には、もっと新しいcontents intermediationが必要で、

「new intermediaries must add significant value and find a way to charge for it.」

と主張し、現在開発中のBayesian filtersというものがそのためのSolutionだという。

「If you looking for a technology to bet on in content intermediation, I would bet on Bayesian filtering. I would not bet on Creative Commons. Creative Commons is based on a naive ideology that believes that raw content is gold, which then gets stolen by the evil media companies. In reality, the economics of content are that most of the value-added comes from the filtering process, not the creation process. If you want to overthrow incumbent publishers with Internet-based alternatives, you are better off starting from the assumption that Content is Crap.」

クリエイティブ・コモンズは「垂れ流される生のコンテンツはゴールドだ」というナイーブな仮定に立っているが、実際にはコンテンツの価値は創造段階ではなくてフィルタリング段階にこそあるのであり、「コンテンツは糞だ」という前提に立ったアプローチを取るべきだという。ネット上での反論の一つが、Mitch Ratcliffeの1/16のBlogである。これからもこういう議論が続いていくのだと思われる。

※このエントリは CNET Japan ブロガーにより投稿されたものです。朝日インタラクティブ および CNET Japan 編集部の見解・意向を示すものではありません。
運営事務局に問題を報告

最新ブログエントリー

個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社