お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

CNET Japan ブログ

モジラはなぜ失敗したか

2003/01/10 10:40
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

プロフィール

umeda

シリコンバレーで経営コンサルティングを行なう傍ら、ベンチャーキャピタリストとしても活躍する梅田望夫さんが、IT業界の先を読むのに役立つ英文コンテンツを毎日紹介していきます。これを読めば、英語と業界動向を読む力が同時に身に付くはず(このブログの更新は2004年12月30日で終了しました)。
ブログ管理

最近のエントリー

アップルがらみのBLOGをあれこれ読んでいたら、「Dave Hyatt, a member of the Safari team at Apple (that's their new Web browser)」がBLOGをやっていることがわかった。BLOGのタイトルは「Confessions of a Mozillian」(モジラ開発者の告白)。モジラとは言うまでもなくネットスケープが起こしたオープンソース・ブラウザ開発プロジェクトだ。2002年の4月から始めたこのBLOGのアーカイブを読むと、面白い話がいろいろと書いてある。僕もまだ最初のほうしか読んでいないが、昨年4月7日に書かれた、なぜモジラは失敗したかについての省察は示唆に富んでいる。

「One reason that Mozilla has failed to produce a strong user interface is that nobody seems to be able to define just who Mozilla's target audience is. According to Netscape, the target audience is their own remaining user base. Netscape has traditionally produced browsers that are pitched at the intermediate user.

Even within Netscape, however, you have people working at cross purposes, with marketing forces, motivated by a desire to make money through tie-ins to AOL Time Warner Web properties, directing engineers to introduce features that compromise the end user experience.Looking outside of Netscape, you find that many coders contribute to the project in order to introduce their own pet features into the product, features that are frequently thrown together without a care for end user experience. Some of these user interface oddities would make even the staunchest geek's head spin.

So you have all of these smart people both inside and outside who get involved with the project for many different reasons. Some are employed by Netscape and just punching the clock. Some are just trying to find a way to make money for Netscape. Others are involved because they have a platform agenda, e.g., to produce a great Linux desktop browser. I fall into a group that wants to eschew the "geek" features and put the end user first, even if it means producing a browser that a techie might not want to use.」

結局、失敗は、ターゲットユーザを誰も特定できずに、異なる意図を持った関係者が勝手にバラバラに開発していたことに起因するという。
これはオープンソース開発によるソフトで、マイクロソフトのような企業が開発するソフトに対抗するための条件を考えるうえで、とても重要な証言である。

※このエントリは CNET Japan ブロガーにより投稿されたものです。朝日インタラクティブ および CNET Japan 編集部の見解・意向を示すものではありません。
運営事務局に問題を報告

最新ブログエントリー

個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社