お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

CNET Japan ブログ

磯光雄さんの指の動き

2008/03/12 23:35
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

プロフィール

鈴木健

伝播投資貨幣PICSY、構成的社会契約論などの構想をもつ鈴木健氏が、荒川修作建築の三鷹天命反転住宅での生活を通じて、コンピュータやインターネットの登場が、人間の認知構造・身体性にどのような影響を与え、文明を変容させていくのか、多方面から分析をしていきます。
ブログ管理

最近のエントリー

前のエントリーで、電脳コイルを書くといって、未だ書いていないのは、何もサボっているからではない。最近、ひとつのエントリーを書くのに30時間くらいかかるのだ。こう話すと、知人はたいてい、ブログでそこまで労力をかけるのはブログらしくないよ、と言う。確かにそうだと思うけど、そうなってしまうから仕方ない。

もう原稿は80%くらいできているので、はやく出したいのだけど、実は「スノウクラッシュから電脳コイルへ」をテーマにしたセッションを、駒澤大学の山口さんと一緒に、14日(金)のオンラインゲーム&コミュニティサービスカンファレンス 2008でやるので、告知を先にしておこうと思った。

4gamerで事前のインタビュー記事もでている。

それはさておき、先日、電脳コイルの監督の磯光雄さんと会った。思いのほか脱線して、作画しているときの精神状態、波の動き、身体性、心の理論、ミラーニューロンなどの話などをして、盛り上がった。なにより、磯爆発や波の動きを説明し、表現するときの指の動きがすばらしく、戦慄してしまった。あれはなんていえばいいのだろうか、言葉じゃ表現できないのだけど、運動というものの本質を身体でつかんでいる人なんだと思う。

ぼくがうかつにも「身体はひとつなので」と言ったら、「身体はひとつじゃないよ」 とすかさずつっこみが入る。こういう会話はいいな。楽しくなってきた。

 

※このエントリは CNET Japan ブロガーにより投稿されたものです。朝日インタラクティブ および CNET Japan 編集部の見解・意向を示すものではありません。
運営事務局に問題を報告

最新ブログエントリー

個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社