お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

CNET Japan ブログ

Second Lifeで百万長者が誕生か?

2006/11/28 14:54
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

プロフィール

CNET Japan編集部

CNET Japanの編集スタッフと米国CNET News.comのスタッフが、手に入れつつもニュースに乗せ切れなかったITやインターネット、モバイル関連の情報や取材でのこぼれ話、うわさ話をお送りします。
ブログ管理

最近のエントリー

 仮想世界「Second Life」で初の百万長者が誕生したようだ。

 Second Lifeで不動産王となったのは、同仮想世界でAnshe Chungと名乗る人物(本名はAilin Graef氏という)同氏のプレスリリースによると、Second Lifeに最初に投資した9.95ドルが、こちらの現実世界の資産や通貨に換算して100万ドル相当にふくらんだという。

 Graef氏は自身のウェブサイトに、「Second Lifeに最初に投資した9.95ドルが、わずか2年半の間にここまで膨らんだことを考えると、Anshe Chung氏の取り組みは驚くに値する。Anshe/Ailinは、仮想世界の不動産を少しずつ購入しては、それを整備したり、テーマ性のある建物や空間作りをして、人に貸し出したり販売したりしてきた。こうして富が築かれたのである」と書いている。

 なかにはこのニュースが信じられないという人もいるかもしれない。Chung氏の特集記事を執筆したBusiness WeekのRob Hof記者も、このニュースを疑っている人の1人だ。同氏は米国時間11月27日午前、仮想世界で100万ドル稼げるという話は信じがたいとする記事を公開している。

 Graef氏によるプレスリリースの真偽のほどはともかく、Second Lifeはビジネスとして大きいし、ほかの市場と同じように少数が多数を支配している。そして、Chung氏がそこで圧倒的なシェアを握っていることに疑いの余地はない。

 同氏が本当に100万ドル相当の富を築いたのか否かが明らかになることは恐らくないだろう。しかし、同氏のPR能力が優れていることは確かだ。それだけでも同氏にとっては相当な価値があるだろう。

Posted by Daniel Terdiman(CNET News.com)

※このエントリは CNET Japan ブロガーにより投稿されたものです。朝日インタラクティブ および CNET Japan 編集部の見解・意向を示すものではありません。
運営事務局に問題を報告

最新ブログエントリー

個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社