お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

CNET Japan ブログ

Vistaはまだ未完成?--あのR・スコーブルが「あと6カ月は必要」

2006/08/02 22:10
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

プロフィール

CNET Japan編集部

CNET Japanの編集スタッフと米国CNET News.comのスタッフが、手に入れつつもニュースに乗せ切れなかったITやインターネット、モバイル関連の情報や取材でのこぼれ話、うわさ話をお送りします。
ブログ管理

最近のエントリー

 長らくMicrosoftを代表するブロガーとして名をはせてきたRobert Scoble氏が、米国時間7月31日に自らのブログ「Scobleizer」に記した「McLaws is right on Windows Vista ship date」というエントリが一部で大きな話題を呼んでいます。

 このエントリのなかで、Scoble氏は、「現在のVistaは、動作がとても遅かったり、きちんと機能しない個所があまりに多すぎる("Too many things are too slow and/or don’t work.")」とし、さらに「10月にプレス工場への出荷が予定されているが、品質を十分なところにまで持っていくには、さらに6カ月は必要な感じだ("It feels like it needs a good six more months than that, which would mean a mid-year release next year.")」と述べています。

 Scoble氏は、Vistaの現状について、UIや動作速度/パフォーマンス、アプリケーションやドライバーソフトの互換性などに、いくつかの問題が残されていると指摘。そして、Windows MEの例をあげ、「後々まで人々の記憶に残るのは、ひどい製品を出荷してしまったことで、最終的に良い製品を出せればもう数ヶ月出荷が遅れたことなど忘れられてしまう」と記しています。

 さらに、「これ(現状のままのVista)が10月に工場へ送られた場合は、すぐにはインストールせず、最初のサービスパックが出るまで待つことをお勧めする。・・・Microsoftが必要なだけの時間をとって、Vistaの問題を解決することを願っている("If this ships in October, I will recommend not installing it and waiting for the first service pack...... I hope Microsoft takes the time to do this right.")とした上で、「そうでなければ、2007年末までにAppleの市場シェアが(遅れてでも素晴らしい品質のものを出荷した場合よりも)はるかに増加するだろう」と続けています。

 Microsoft会長のBill Gates氏も先ごろ「Vistaの出荷が遅れる可能性が20%残っている」との旨の発言をしていました。この20%が現実のものになるのかどうか。これからの数ヶ月間の動きから目が離せません。

坂和敏(編集部)

※このエントリは CNET Japan ブロガーにより投稿されたものです。朝日インタラクティブ および CNET Japan 編集部の見解・意向を示すものではありません。
運営事務局に問題を報告

最新ブログエントリー

個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社