お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

CNET Japan ブログ

Rocketboom 2.0発進

2006/07/13 22:14
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

プロフィール

CNET Japan編集部

CNET Japanの編集スタッフと米国CNET News.comのスタッフが、手に入れつつもニュースに乗せ切れなかったITやインターネット、モバイル関連の情報や取材でのこぼれ話、うわさ話をお送りします。
ブログ管理

最近のエントリー

 計画よりも数日遅れたが、Rocketboomが再開された。そして、Amanda Congdon氏に代わる新たなキャスターもお目見えした。

 暫定的にキャスター役を務めるているのはJoanne Colan氏で、英国アクセントが魅力的だ。そして同氏は活気に溢れ、自信に満ち、前任のCongdon氏の後釜に座ることに怖じ気づいているようにはまったく見えない。

 タイミング的にいえば、Rocketboom 2.0の開始はこれ以上なくよいものだった。なぜなら、Colan氏が呼ぶところのRB 2.0の開始は、Kyle MacDonald氏が1個の赤いペーパークリップを手始めに1軒の家を手に入れるという目標を達成したのと同じ日だったからだ。Colan氏はこれを記念し、ニューヨークの街角に出て自身で何回かの物々交換を行った。

 同氏は数時間の間に、海賊マークのついた眼帯からスタートし、海賊について書かれた本、パレオ、DIESELのジャケット、シガレットケースと交換していき、最後にはチタン製エネルギー増幅ネックレスを手にした。1軒の家にはとても及ばないものの、1日の成果としては上出来だ。

 ともかく、Colan氏と、RocketboomのオーナーであるAndrew Baron氏がCongdon氏の辞任をめぐる騒ぎをけちらかしたのは確実であり、彼らはそれを、状況全体を茶化すことでやってのけた。

 Colan氏は最初のエピソードの冒頭で、キャッチャーの装備を身につけて椅子に座り、トマトを投げつけられた後、「まだニュースを聞いていない方のために言いますが、Amandaは辞めました」と言ったのだった。そして、Congdon氏がRocketboomを去るというニュースのスクリーンショットが数多くフラッシュで流された。

Posted by Daniel Terdiman

※このエントリは CNET Japan ブロガーにより投稿されたものです。朝日インタラクティブ および CNET Japan 編集部の見解・意向を示すものではありません。
運営事務局に問題を報告

最新ブログエントリー

個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社