お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

CNET Japan ブログ

マイクロソフト、さらなる組織再編を発表

2006/07/04 07:31
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

プロフィール

CNET Japan編集部

CNET Japanの編集スタッフと米国CNET News.comのスタッフが、手に入れつつもニュースに乗せ切れなかったITやインターネット、モバイル関連の情報や取材でのこぼれ話、うわさ話をお送りします。
ブログ管理

最近のエントリー

 Microsoftは組織再編を行ったばかりだが、米国時間6月30日に新たな組織再編を発表し、2006年3月にWindowsおよびWindows Liveの開発責任者に任命されたSteven Sinofsky氏の下で開発部門を率いることになるリーダーたちを明らかにした。

 Sinofsky氏の新たな部下となる3人は、かつてSinofsky氏が所属していたOffice部門からの異動になる。Office 2007のユーザーインタフェースの改良を率いてきたJulie Larson-Green氏がWindowsエクスペリエンスのプログラムマネジメント責任者となる。また、Office部門でテスティングを率いてきたGrant George氏が、Windowsにおいて同様の役割を担うことになる。そして、Office部門から異動したArthur DeHaan氏は、Windows Liveのテスティングを率いることになる。

 さらに、今回発表された組織再編の結果、Windows担当幹部のChris Jones氏は新たな役割を担うことになる。Windowsの中核開発の責任者であった同氏は現在、Windows Vistaのクライアント開発作業の責任者であるが、「Windows Liveエクスペリエンス」のプログラムマネジメント責任者として異動することになった。なお、同氏が実際に新たな役割を担うようになるのは、Vistaが出荷された後のことになる。

 そしてMicrosoftは、今回の組織再編とは別に、携帯電話と組み込み機器ビジネス分野において新たな部門を設置する予定だ。コンシューマーメディアテクノロジーグループと名付けられたこの部門は、Amir Majidimehr氏によって率いられることになっている。同部門の担当としては、携帯電話事業者のためのデジタル権利管理技術、HD DVDプレイヤー等のコンシューマー電子機器へのMicrosoft技術の応用、ソフトウェア、サービス、Windows CEを含む同社のデジタルメディア戦略の企画が挙げられる。

Posted by Ina Fried

※このエントリは CNET Japan ブロガーにより投稿されたものです。朝日インタラクティブ および CNET Japan 編集部の見解・意向を示すものではありません。
運営事務局に問題を報告

最新ブログエントリー

個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社