お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

CNET Japan ブログ

Googleの「Picasa」がウェブ連動に--進むオンラインとローカルの「ボーダーレス化」

2006/06/14 14:43
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

プロフィール

CNET Japan編集部

CNET Japanの編集スタッフと米国CNET News.comのスタッフが、手に入れつつもニュースに乗せ切れなかったITやインターネット、モバイル関連の情報や取材でのこぼれ話、うわさ話をお送りします。
ブログ管理

最近のエントリー

すでにニュースでお伝えしているとおり、Googleが無償配布している写真管理・編集用ソフト「Picasa」に、ウェブと連動する新機能がまもなく追加されるそうです。

新しい機能/サービスの名前は「Picasa Web Album」で、YahooのFlickrなどと競合するウェブ共有機能があるほか、印刷用に1600ピクセルの高解像度画像もダウンロードできるようになるとのこと(ストレージは250MBまで無料だそうです)。

このところ、こうしたメディア(音楽、写真、動画)データのオンライン共有を前提とするサービスがたくさん登場してきていますが、先に紹介した「One True Media」などは素材データを編集・加工する作業までオンライン(ホストするサーバ側)で処理してしまうおうというもの。それに対して、Picasaをコマに持つGoogleの場合は、ローカルとウェブを一体化する形でこの市場にアプローチしてきたわけで、まだそうした「こちら側」と「あちら側」の両方にコンポーネットを持たない競合他社--Flickrもそうですし、またMSやApple、Adobeなどもそうした競合のなかに含まれるかと思います--の動きが注目されます。

蛇足ですが、個人的には、アップロードした画像に、地理情報をタグ付けできて、それをGoogle Map上に配置できる--各写真やアルバムを示すピンがレイアウトされるようなものが実装されると、非常に好いかと思います。そうしたら、「フランスに旅行したときの写真」とか「熱海に温泉に入りに行ったときの写真」などをグラフィカルにソートできそうなので。

坂和敏(編集部)

※このエントリは CNET Japan ブロガーにより投稿されたものです。朝日インタラクティブ および CNET Japan 編集部の見解・意向を示すものではありません。
運営事務局に問題を報告

最新ブログエントリー

個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社