お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

CNET Japan ブログ

アダム・カリーの弁解、聴けます。

2005/12/06 13:48
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

プロフィール

CNET Japan編集部

CNET Japanの編集スタッフと米国CNET News.comのスタッフが、手に入れつつもニュースに乗せ切れなかったITやインターネット、モバイル関連の情報や取材でのこぼれ話、うわさ話をお送りします。
ブログ管理

最近のエントリー

 Wikipediaでポッドキャスティングの「歴史を書き換えた」−−匿名で当該部分を削除したのだが、IPから突き止められて身元がばれてしまったとか−−ポッドキャスターの草分け、Adam Curry。この有名な元MTVのVJについては、CNET Japanでも以前にインタビュー記事を掲載していたが、そのCurryらの呼びかけではじまったネット版「バンドエイド」--「Podsafe for Peace」プロジェクトが、ついに「If Every Day Were Christmas」というクリスマスソングを完成させた。12月2日の「Daily Source Code」(ここで番組内容を記したショーノートが見られる)で、この曲を紹介したCurryによると、この曲の制作には主に英語圏の各国から30人を超えるアーチストが参加。メンバーらは各人が録音した96のトラックを、ネットやその他の手段を使って集めミックスするというやり方で、これを完成させたらしい。曲自体はなんとも80年代的な雰囲気のするもので、ラップなどを聞き慣れた若い人々にはどうかと思うが・・・いずれにしても、Curryらはこの曲をきちんと発売する予定で、その収益をユニセフに寄付することにしているという。日本でもこの曲を耳にする機会が増えるといいかもしれない。

 なお、この日の番組のなかでは、今回のWikipediaに関する彼の長々とした弁明も聞かれる。

坂和敏(編集部)

※このエントリは CNET Japan ブロガーにより投稿されたものです。朝日インタラクティブ および CNET Japan 編集部の見解・意向を示すものではありません。
運営事務局に問題を報告

最新ブログエントリー

個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社