お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

CNET Japan ブログ

変幻自在-ロシア生まれの「カメレオン」キーボード2種

2005/08/04 22:15
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

プロフィール

CNET Japan編集部

CNET Japanの編集スタッフと米国CNET News.comのスタッフが、手に入れつつもニュースに乗せ切れなかったITやインターネット、モバイル関連の情報や取材でのこぼれ話、うわさ話をお送りします。
ブログ管理

最近のエントリー

0803ikeytypepro_175x196.jpg

 ありきたりなキーボードに飽きあきしているなら、こんなキーボードはいかがだろうか。

 ロシアの2つの会社が、キートップの表示を変更可能な新型キーボードの開発に取り組んでいる。

 その1つであるiKeyInfinityは、多言語表示に対応するキーボードを来年発売すると見られている。このキーボードはUSB 2.0接続で、WindowsとMacintoshのどちらでも利用可能。各キーの上面には、17ピクセル四方の液晶ディスプレイが配置され、接続したコンピュータのOSに応じて異なる言語の文字を表示する仕組みになっている(キーのレイアウトマップを変更すると、各キー上のイメージもそれに合わせて変化する)。このキートップには、アルファベット、数字やその他の記号、音符、グラフィックシンボルやグリフなど、さまざまなイメージに変更可能だと同社は説明している。

 対応言語(文字)は英語のほか、キリル語(文字)、古代ギリシャ語、アラビア語などで、コンピュータ側の言語の設定を変えるだけで、表示が切り替わるという。

 一方、Art. Lebedev Studioは、「Optimus」というキーボードを開発した。この製品は現在製造の初期段階に進んでいる。同社では、来年までに正式な製品を発売したいと考えている。

0803optimus_171x163.jpg Optimusキーボードも、英語以外の文字を扱えるほか、特別な記号やHTMLコードなども表示可能で、同社のウェブサイトには、「Adobe Photoshop」での作業用や、人気ゲーム「Quake」のプレイ用にカスタマイズしたレイアウトのサンプルがある。

 このキーボードはどのOSにも対応する。また、有機EL技術を使っているため、キートップのイメージがほんのりと浮かび上がるという。

 なお、同社ではソフトウェア開発用キットをオープンソースとして公開することも予定している。

Posted by Michael Singer(CNET News.com)

原文へ

※このエントリは CNET Japan ブロガーにより投稿されたものです。朝日インタラクティブ および CNET Japan 編集部の見解・意向を示すものではありません。
運営事務局に問題を報告

最新ブログエントリー

個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社