お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

CNET Japan ブログ

Google Office が Microsoft に勝てる理由

2006/06/06 22:50
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

プロフィール

中島聡

Microsoftでチーフアーキテクトを務めた経験を持つUIEvolution CEOの中島聡氏が、「Web 2.0」と呼ばれる新しいネット時代のサービスのあり方や、ライフスタイルの変化について考察します。
ブログ管理

最近のエントリー

 GoogleがWritelyの買収に続いて、表計算アプリをウェブ・サービスとして提供する予定があることが話題になっている。当然といえば当然の流れである。

 少し前に、私のもう一つのブログで、「StartOffice/OpenOfficeがMicrosoftに勝てない理由」というエントリーを書いたが、OpenOfficeの戦略とGoogleの戦略の根本的な違いは、Microsoftの後を追いかけるのか、Microsoftがどうしても行けない事情のあるほうに突っ走るのか、の違いである。

 その意味で言えば、OpenOfficeにしろLindowsにしろ、Microsoftの提供しているOfficeとWindowsを安く提供する、という利点だけが目立ち、結局の所「安かろう悪かろう」という評価を下されてしまう。

 それに対して、Googleは、Microsoftが作りたくても作れない、「サービスとしてのOfficeアプリケーション」ビジネスに乗り出しているところが強い。特にウェブ・サービスAPIを公開して、Mash-upが出来るようにする辺りで、あっという間にMicrosoft Officeより付加価値の高いものが作れるようになってしまう。

 例えばこの表計算ウェブ・サービスだが、Excelに備わっているような基本的な表計算機能だけを追い求めてもExcelには勝てない。しかし、ウェブ上にあるリアルタイム・データ(例えば株価情報だとか、商品の実売価格だとか、電車の運賃だとか)を簡単に利用すれば、簡単に「自分の持っている株の時価」だとか、「日本一周に必要な電車賃の現在価格」などを計算することが出来るようになる(ちなみに、Googleの表計算サービスはまだ公開されていないので、これはあくまで「私がGoogleにいたとしたらこう作る」という話でしかないが、十中八九あたっているだろう)。

 Googleのこういった動きを見ていると、Microsoft内でNetdocsというウェブ・ベースのOfficeアプリケーションを作るはずだったプロジェクトを立ち上げながらサービスのリリースまで持って行くことができなかった私としては悔しくてしかたがないのだが、今になって考えてみれば、そもそも「イノベーションのジレンマ」を思いっきり抱えたMicrosoft内でプロジェクトを立ち上げようとしたことが間違いだったのだからしかたがない。

※このエントリは CNET Japan ブロガーにより投稿されたものです。朝日インタラクティブ および CNET Japan 編集部の見解・意向を示すものではありません。
運営事務局に問題を報告

最新ブログエントリー

個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社