お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

CNET Japan ブログ

王建民が牽引する台湾の3G

2007/09/28 11:19
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

プロフィール

宮田拓弥

携帯電話向けアプリケーションの業界で、常に新しい製品・サービスを模索・開発してきた宮田拓弥氏(ジェイマジック株式会社代表取締役社長)が「ケータイ用アプリの未来」について考えていきます。
ブログ管理

最近のエントリー

昨日まで何年か振りに台風シーズン真っ盛りの台湾に出張をしてきました。

九州や沖縄の台風直撃のテレビ中継をイメージしてもらえるといいと思うんですが、台湾は沖縄の少し南西にあるので、この季節は台風がしばしば直撃します。私も何年か前に滞在中に台風が直撃して、ホテルに閉じ込められて大変な目に逢った記憶があります。今回は好天に恵まれましたが。

---------------------------------------------------------
さて、今回台湾の出張では、現地の携帯キャリア数社と打ち合わせをしてきました。

ジェイマジック社が、最近アジア圏を中心に海外での事業開発を強化していることの一環ですが、まだ設立二期目のベンチャー企業が海外事業を重視している理由はまた別の機会で話すことにしたいと思います。

最初に簡単に台湾の携帯事情をまとめておくと

・人口は2200万人に対して、一時期携帯普及率が100%を超えたことがあるほど携帯が普及しており、2006年で2000万人程度。
・携帯キャリアはほぼシェアの同じ大手3キャリア(中華電信(Chunghwa) 、台湾大哥大(Taiwan Cellular)、、遠伝電信(Far Eas Tone) に加えて、3Gで新たに2キャリア(亜太行動(VIBO) 、威宝電信(APBW) )が参入と、サイズは小さいですが日本と非常に似ています。
・端末は、元々BENQやOKWAPなどの現地メーカーが頑張っていましたが、最近はMotorolaやNokiaなど欧米の端末メーカーが主流になっている。

というような状況です。

まだ台湾では3G化はあまり進んでいませんが(多いところでも30%弱、少ないキャリアでは10%程度)、今回は3G系のサービスに関しての意見交換をしてきました。
---------------------------------------------------------

あるキャリアの幹部に、「どんなコンテンツが3Gで人気か?」と質問すると、返って来た答えは「テレビとMLB」。

実際にコンテンツを見せてもらいましたが、「テレビ」というのは日本で言うとワンセグのようなものではなく、ドコモでいうiモーションのような動画ストリーミングのことです。詳細はわかりませんが、いわゆるサイマルのようなものではもちろんなく、放送後の素材をエンコーディング(結構ビットレートはかなり低い印象)しているような感じだと思います。やはりニュースや音楽などが人気のようです。

もう一つ驚いたのが「MLB」。

台湾にもプロ野球はありますが、それのことではなく、アメリカのメジャーリーグです。「何で?」と聞くと「王建民!」と声を合わせて答えられました。日本ではそれほど知られていませんが、台湾出身でヤンキースのピッチャー王建民は最多勝にも輝いたことのあるピッチャーで、NYでも結構人気があります。確かもう一人台湾人のメジャーリーガーはいたと思いますが、王建民一人のコンテンツでそのMLBビデオストリーミングが人気コンテンツにあるというのは驚きました。日本ほど芸能人やスターが多様化しておらず、その昔日本で力道山(古い?)に皆が熱中していたような感じでしょうか?
何より、かなり低い画質ながら、王建民のようなキラーコンテンツがあるとやはり利用は伸びるのだなと。。

もう一つ「3Gで新しい変わったサービスやってる?」という質問に対して、苦笑いしながら「ない」とさわやかに答えてもらいました。

基本は、日本と韓国の動向をつぶさに観察して、その中で何から取り入れたらよいかというのをウォッチしているようで、ジェイマジックのこともその他のモバイルの動向もよく知っていました。

後、エンタテインメントコンテンツに関しても、日本と韓国のものは人気があるということです。メディアのビジネスはグローバル化が難しい印象をついつい持ってしまっているのですが、局所的に見ればコンテンツ自体の輸出はあり得るということでしょうか。

※このエントリは CNET Japan ブロガーにより投稿されたものです。朝日インタラクティブ および CNET Japan 編集部の見解・意向を示すものではありません。
運営事務局に問題を報告

最新ブログエントリー

個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社