お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

CNET Japan ブログ

いざ手続き - MNP体験記(4)

2006/10/31 16:23
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

プロフィール

松村太郎

携帯電話の機能進化が進む中、アーリーアダプター層がどのように携帯電話を使いこなし、生活がどう変わっていっているのかについて、携帯電話と社会のあり方について研究するSFC研究所の松村太郎さんが紹介します。
ブログ管理

最近のエントリー

 無縁だと思いつつも6ヶ月しか使っていないケータイの水没から利用することにしたケータイのナンバーポータビリティー(MNP)。実際の手続きの前に考えておくことがいろいろあったので、すでに3本も手続き前の話を書いているけれど、いよいよ手続きのプロセスだ。ちなみに僕の場合、転出元はDoCoMo、転出先はSoftBankであり、まさにSoftBankのシステムのパンクの影響を受け、やっと正常化したところだった。MNP Reservation on My DoCoMo #10 MNPの手順は各サイトで報じられているとおりだ。まず転出元、僕の場合はDoCoMoに対して「MNP転出の申し込み」をする。DoCoMoの場合はi-modeのメニューからアクセスする方法と、パソコンのMy DoCoMoから手続きをする方法、(ちょっとこれは気まずいけれど)オペレーターに連絡する方法とドコモショップで手続きする方法がある。僕の場合は(スクリーンキャプチャを残せるという理由もあって)パソコンのMy DoCoMoサイトから手続きを行った。ちなみに家電量販店で手続きを行う場合は、番号を持っていないことを前提に、i-modeからMNP予約番号を取得するように促される。
 予約番号を取得した次は、転入先のケータイ会社とのやりとりだ。ここでまた1つ問題がある。 自分が使っているケータイ会社の場合「もし何かあっても対応してくれる窓口がある」という保険的な意識だろうか、ここにドコモショップがあるなということを、街が歩いているときにインプットしている。だから僕の場合、身近なところで5カ所程のドコモショップの場所を、空で道案内が出来るほど覚えている。それにもかかわらず、今まで自分に関係なかったケータイショップの場所は、目に入っているのだろうが覚えていないのだ。 つまりソフトバンクショップがどこにあるか、ということが全く分からなかった。もちろんウェブサイトで検索すれば良いんだけれども、普段から説明書やマニュアルを読まずに生活している僕にとっては、そのちょっとしたことが面倒なのだ。そのため近場にある新宿西口の家電量販店、ヨドバシカメラで手続きをすることにした。Mobile Number Portability #03 予約番号を持って量販店の店頭に行き、自分の欲しい端末を選ぶ。僕の場合はSoftBank X01HTだった。広告の通り、家電量販店の店頭であっても端末の初期費用は0円で、月々のケータイ料金にX01HTの場合は690円の24回払いになる。新・スーパーボーナスで毎回の端末分割料が2280円割り引かれた後の価格が690円で、加入してから2ヶ月後に支払いがスタートする。自分で文字に起こせば、2年たたずに解約するとどういうことが起きるかがわかるのだが、店員さんに店頭でこれを説明されてもすんなりと理解できるかどうか、実際自分が説明を受けてみて「厳しいな」という感触だった。 ちなみにDoCoMoのFOMAカードやau ICカードのように、SoftBank 3GでもSIMカードによる契約番号の管理がなされている。ところがせっかく会社がSoftBankブランドに変わっていたのだが、SIMカードにはSoftBankのロゴではなく、赤いVodafoneのSIMカードのままだった。僕は今までのVodafoneユーザーではないので赤いグローバルに知られているロゴに愛着があるわけではないが、確かにVodafoneロゴを自分のケータイから失いたくない、という気持ちもわからないではなかった。 さて、ソフトバンク関係のMNPは報じられているとおり混乱を来しており、僕がMNPを適用した際にも3時間ほど待たされた。そしていよいよ店頭で受け取る時間になり、店頭でケータイを新規契約したときのように端末を受け取る。ケータイに表示される自局番号は、MNP前まではDoCoMoの番号だったが、これで晴れてSoftBankの番号として使えるようになったわけだ。 あまり万人にお勧めできる方法ではないかもしれないが、ここまでで水没ケータイをMNPで復活させるという作業は終了したことになる。終わってしまえばなんてことはない話なんだけれども、ここから先はDoCoMo以外のケータイ、SoftBankのケータイを持つことという、初めての経験がスタートすることになる。こちらについても、追ってレビューしていきたいと思います。・ケータイ時代のスタンダード: MNP体験記

※このエントリは CNET Japan ブロガーにより投稿されたものです。朝日インタラクティブ および CNET Japan 編集部の見解・意向を示すものではありません。
運営事務局に問題を報告

最新ブログエントリー

個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社