お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

CNET Japan ブログ

文字入力のスイッチ - SO902i特集

2006/03/23 16:52
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

プロフィール

松村太郎

携帯電話の機能進化が進む中、アーリーアダプター層がどのように携帯電話を使いこなし、生活がどう変わっていっているのかについて、携帯電話と社会のあり方について研究するSFC研究所の松村太郎さんが紹介します。
ブログ管理

最近のエントリー

 僕はポケベルをリアルタイムで使っていなかったけれど、i-modeを使い始めてメールを頻繁に打つようになってからベル打ちを習得した口だ。ベル打ちの速さについては、jig.jpの福野さんと意気投合したエピソードを以前ご紹介した通り。その話からすると、SO902iに機種変更するかどうかは苦渋の決断が必要だった。今までのソニー・エリクソン端末ではサポートされていたポケベル入力に、SO902iは対応していなかったのだ。

 PDC端末であるpreminiも持っているが、preminiではベル打ちをサポートしていた。あの小さなボディでベル打ちが出来るのか?とよく言われるけれど、わりと出来ちゃうモノです。しかも両手を使って。自分でもどうやって習得したかは分からないけれど、両手を使ったポケベル入力のブラインドタッチはなかなか気持ちよいモノだった。しかしここでベル打ちを離れなければならないのだ。

 ソニー・エリクソン端末の特徴として、文字入力に予測変換機能「POBox」が採用されていることは言うまでもない。1文字打つとそれに続くであろう語句をリストアップして、その中から選択するとスイスイ文章が出来上がっていく。文脈や使用頻度などを学習して、どんどん「自分の辞書」を育てていくと、もう入力作業が心地よくなってしまう。preminiにも当然POBoxは搭載されていたが、僕は使っていなかった。ポケベル入力とは排他選択になってしまうからだ。

 SO902iにベル打ちがないことは、2006年2月末にSO902iが銀座ソニービルに展示されていたときに知った。しばらくSO902iを買うかどうか悩んだが、結局買うことにして、その日からN901iSを使ってポケベル入力ではない通常入力への、いわば「リハビリ」をスタートした。端末のリリースが2週間延びたので、その分通常入力に慣れる時間が増えたことは、今からするとありがたかったかもしれない。ただ、同じ端末でベル打ちをやめてから、ややメール無精になったのは言うまでもなかった。

 リハビリと言っても、ひらがなを打ち込む場合はそこまで苦労を必要としない。通常入力でもベル打ちでも、子音が割り当てられているダイアルキーは同じだからだ。つまり「1」=「あ行」、「2」=「か行」という通常入力も、「11」=「あ」、「14」=「け」というポケベル入力も、どの行の文字を入力したいかを選ぶ瞬間は同じキーを押すことになるので。通常入力ではそこから同じキーを連打、ポケベル入力では母音を1〜5で選ぶことになる。

 どちらの方が効率が良いのか? 平均打鍵数で行くと、おそらくベル打ちに軍配が上がる。例えば「あお」と入力するとき、通常入力では「1→11111」になるが、ベル打ちでは「1115」で良い。矢印キーに指を送らなくて良い分、速度も稼げる。一方で「あか」と打つときは、通常入力の「12」に対してベル打ちの「1121」はちょっと非効率になる。これにPOBoxのような予測変換がつくと、「1」を入力すれば漢字の候補が選べて、通常入力が有利になる。

SO902i #04 予測変換は打鍵数を減らすように工夫されているので、その語句の1文字目を打ったらあとは十キーで選べばいいようになる。一方打鍵スピードが速いポケベル入力では、言いたいことを全部ひらがなで入力してから、文節ごとに変換していく必要がある。N901iSではその手法でも速かったが、SO902iで連文節の文章を打ち込むとイマイチ変換効率が悪くなってくる。ベル打ちから通常入力への移行と共に、文章を長く打つPCのような入力スタイルから、細かく変換をしながら予測変換を生かすスタイルへの移行も同時に進んだ。

 ベル打ちからのスイッチで一番困っているのが英数字だ。ベル打ちでは英数字に関しても、モードを変えることなくそのまま入力できたので、ひらがな以上に習得に時間がかかったが、やはりブラインドタッチが出来るようになっていた。しかし通常入力の英数字には、今だに慣れきっていない。時間がかかっちゃうんですよ。キートップを見ながらアルファベットを探しながら入力するので、今度はスペルが出てこなくなったりする。これも時間の問題なんだろうけれど。

 最後に1つ、POBoxを使っていると、やはりジョグダイアルのようなインターフェイスが欲しくなりますね。やはりあのインターフェイスは気持ちよかったと思います。

・ケータイ時代のスタンダード: SO902i特集

※このエントリは CNET Japan ブロガーにより投稿されたものです。朝日インタラクティブ および CNET Japan 編集部の見解・意向を示すものではありません。
運営事務局に問題を報告

最新ブログエントリー

個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社