お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

CNET Japan ブログ

Day -40:Citigroupアナリスト、Intelチップ搭載PowerBookの登場を示唆

2005/12/01 05:11
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 CitigroupアナリストのRichard Gardnerが、Appleが来年1月のMacworld ExpoでIntelチップを搭載したラップトップを発表する可能性があることを米国時間30日に明らかにした。AppleInsiderなどの各MacファンサイトはReutersの記事に触れながら、このニュースを一斉に伝えている。

 CitiのGardnerは顧客向けのこのメモのなかで:

"We are becoming more convinced that Apple will introduce its first Intel-based PowerBook at Macworld San Francisco"

 と述べている。同氏は、Appleが予定よりも早くIntelチップ搭載Macを出す理由について、潜在顧客の買え控えによって現行製品の在庫が増えるのを避けるため、と説明しているという。

 同氏はこのメモのなかで、Appleの予想株価をこれまでの51ドルから71ドルへ、また今四半期の売上予想を48億ドルから55億ドルへとそれぞれ引き上げ、さらに2006年度についても売上予想を176億ドルから204億ドルへ、1株あたりの利益を1.72ドルから2.16ドルへと引き上げたことを、
伝えている。また2007年度については売上が243億ドルへ、1株あたり利益は2.61ドルになると予想している。

 一方、Mac Observerは、IntelがViiVブランドのチップセットを搭載するPCへのコンテンツ配信に関連してTiVoと提携したことに触れながら、AppleがIntel MacにViiVのチップセットを採用することで、これらのサービスを提供する可能性に言及している。

(カウントダウン・ナビゲーター)

今日のTIPS:
 オランダのアムステルダムにある「RIJK MUSEUM」がウィジェットをつかったコンテンツ配信を開始。同美術館所蔵の絵画が1日に1点づつ表示されるというこのサービスは、MacユーザーならDashboardかKonfabulatorのどちらか、またWindowsユーザーもKonfabulatorを使って楽しめる。各ウィジェットは同美術館のウェブサイトからダウンロード可能(ちなみに同サイトにある「Masterpieces」というFlashをつかったプレゼンテーションはちょっと見応えがある)。あのスカーレット・ヨハンソン(とコリン・ファース)主演の映画「真珠の耳飾りの少女」で取り上げていたフェルメールや、レンブラントといった一連の画家の作品に興味をお持ちの方は是非お試しあれ。

※このエントリは CNET Japan ブロガーにより投稿されたものです。朝日インタラクティブ および CNET Japan 編集部の見解・意向を示すものではありません。
運営事務局に問題を報告

最新ブログエントリー

個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社