お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

CNET Japan ブログ

「全文はこちらで眺めることができます」

2006/10/20 12:18
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

プロフィール

lessig

「CODE」「コモンズ」等の著書や「クリエイティブ・コモンズ」などで知られるスタンフォード大学ロースクール教授ローレンス・レッシグ氏のBlogの日本語版。著作権や特許などの知的所有権の問題やオンラインカルチャー関連のトピックスを紹介します。
ブログ管理

最近のエントリー

英国のサイトTechWorldに、マイクロソフトが資金を提供しているらしい団体ISC (Initiative for Software Choice)から「流出」した意見書についての記事が掲載されている。意見書の内容は、記事によると「オープンソースソフトウェア開発の過剰な奨励が引き起こす深刻な影響の可能性」。

ここまでは、別に妙なところはない。奇妙なのは、まずそのような文書が「流出」しなければならないこと(ECへ提出した文書は公共の記録にあたるのではなかったか?)、そして第二に、TechWorldが問題の文書を提示している方法だ。ページには意見書へのリンクがあり、「全文はこちらで見る(view)ことができます」と書いてある。そして実際、リンク先の文書は見ることしかできない。ロックされたPDF形式のため、印刷はできないようになっている。

政府機関へ提出された文書を、個々のコンピュータでプリントすることも禁じるのは著作権法の範囲だろうか。

この制限は簡単に回避できる(だが合法か?):Acrobat Professionalが使えるなら、一度セーブしてパスワードセキュリティをオフにすればよい(わたしはそうしたが、パスワードは必要ないようだ)。

(Thanks, Marten!)

[オリジナルポスト 10月16日午後11時27分]
※このエントリは CNET Japan ブロガーにより投稿されたものです。朝日インタラクティブ および CNET Japan 編集部の見解・意向を示すものではありません。
運営事務局に問題を報告

最新ブログエントリー

個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社