お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

CNET Japan ブログ

マイクロソフトで特許に関する進歩?

2005/11/28 05:41
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

プロフィール

lessig

「CODE」「コモンズ」等の著書や「クリエイティブ・コモンズ」などで知られるスタンフォード大学ロースクール教授ローレンス・レッシグ氏のBlogの日本語版。著作権や特許などの知的所有権の問題やオンラインカルチャー関連のトピックスを紹介します。
ブログ管理

最近のエントリー

Office文書のフォーマット群をECMAの「オープン標準化」に提出するというマイクロソフトの判断には数多くの興味深いコメントがされている。もちろん良い知らせといえる……細部に依存するが。

しかしこちらはさらに良いニュース:マイクロソフトは「Mircrosoft Office 2003 XML Reference Schemasの仕様に準拠するための行為に対しては特許権を主張しない」と約束している

これはマイクロソフト圏のソフトウェアに影響する複雑に絡み合った特許の問題に対してある程度の希望を見せるものだ。ソフトウェアおよびビジネスメソッド特許に反対している者でさえ、企業には特許を確保しておくことを助言する――他社も特許を取れることを考慮してだ。だが今回のマイクロソフトのような行動は長い目で見ればそうした特許のもつ負の影響を中和する効果がある。ライセンスでもなく合意でもなく、ただの間違えようのない約束――少なくともマイクロソフトを訴えようとしない相手に対しては、だが。

[オリジナルポスト 11月26日午後2時45分]
※このエントリは CNET Japan ブロガーにより投稿されたものです。朝日インタラクティブ および CNET Japan 編集部の見解・意向を示すものではありません。
運営事務局に問題を報告

最新ブログエントリー

個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社