お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

CNET Japan ブログ

フィラデルフィアの自由を殺す

2004/11/25 06:47
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

プロフィール

lessig

「CODE」「コモンズ」等の著書や「クリエイティブ・コモンズ」などで知られるスタンフォード大学ロースクール教授ローレンス・レッシグ氏のBlogの日本語版。著作権や特許などの知的所有権の問題やオンラインカルチャー関連のトピックスを紹介します。
ブログ管理

最近のエントリー

今年九月、フィラデルフィアが市全域をカバーするWiFiサービスを考えていると伝えた。市民の6割はブロードバンドへのアクセス手段を持っていない。市の長老たちは、これではとても21世紀など迎えられないと考えていた。

だがPublic Knowledgeが先頃報じたところによると、いま知事の手元に委ねられている法案はそのようなサービスを不可能にしてしまうという。理由は、同等のサービスを提供しようとする私企業と「競合」するから。

考えてみよう。もしわたしが私営の街灯会社を興して、私有の電灯が発するフォトンを売りだしても、フィラデルフィア市当局は「フリー」な街灯を提供できるのだろうか? あるいはGuards To Goのような企業がフィラデルフィア市内でもサービスを提供しているからといって、フィラデルフィア市警を解散させるべきだろうか?

わたしはペンシルバニア育ちだ。フィラデルフィアでは夢のような四年間を過ごした(1979年にはYouth Governorに選ばれたほどだ!)。もしあなたがこの自由を愛する州と何かつながりがあるなら、どうか知事に意見を伝えてもらいたい。

[オリジナルポスト 11月24日午前11時01分]
※このエントリは CNET Japan ブロガーにより投稿されたものです。朝日インタラクティブ および CNET Japan 編集部の見解・意向を示すものではありません。
運営事務局に問題を報告

最新ブログエントリー

個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社