お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

CNET Japan ブログ

グラニー Dより

2004/10/17 00:33
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

プロフィール

lessig

「CODE」「コモンズ」等の著書や「クリエイティブ・コモンズ」などで知られるスタンフォード大学ロースクール教授ローレンス・レッシグ氏のBlogの日本語版。著作権や特許などの知的所有権の問題やオンラインカルチャー関連のトピックスを紹介します。
ブログ管理

最近のエントリー


(Granny D候補者によるゲストBlog)

この場に参加させてくれたLawrenceに感謝します。ご存じの通り、わたしは今94歳で上院議員選に立候補して(http://grannyd.com)、Bush大統領のイエスマンで討論のコーチでもある現職Judd Greggに挑んでいます。来週のGregg議員との討論会にはすこし緊張していますけれど、事実はわたしの味方です――Gregg議員の主な実績といえばイラクでの戦争、財政赤字、任期が始まったころはDigital Equipmentがニューハンプシャー最大の雇用者だったのが今はWal-Martであること、そして彼が上院議員になるまでは魚も食べることができたわたしたちの川が、今では温度が測れるほど水銀汚染されてしまったことです。わたしは控えめにいって追う側だけれど、投票直前のTV放送とJoe Trippiからのちょっとした助言で、きっと注目に足る選挙にできるでしょう。

これから数日かけて、Gregg議員の上院での途方もない投票歴をすべてわたしのウェブサイトに載せてゆきます。あんな投票歴を持ちながらそれでも再選されるつもりでいるなんてとても信じられません! もちろん、近ごろは沢山の信じられないようなことが起こっていますけれど。まるでサイエンス・フィクション映画みたいに――沢山の人が催眠術にかけられたり、ボディ・スナッチされたり、ゾンビ化しているのですから。わたしたちはお互いを理解せず、家族のあいださえ例外ではありません。話し合うためには精神科医の助けがいるでしょう!

今夜はCal Polyで講演するためにSan Luis Obispoに来ていて、Lakoffの『Don't Think of an Elephant』を読んでいるところ。この本は、なぜBush支持者たちはアヒルが水滴を撥ね返すように事実から目を背けてしまえるのか理解する助けになります。一部のBush擁護者たちはいまインターネットでこんなメッセージを流しています――「イラクでの死亡率は、あの街やこの街の殺人率と比べればそれほど悪くはない」。それが新しい基準なのです!。とはいえ、比較されているのがどちらも犯罪の被害だということは彼らにも分かっているようです。Mr. Bushはきっと、国際刑事裁判所での裁きを免れたことで満足の笑みを浮かべていることでしょう。

[オリジナルポスト 10月15日午前2時46分]
※このエントリは CNET Japan ブロガーにより投稿されたものです。朝日インタラクティブ および CNET Japan 編集部の見解・意向を示すものではありません。
運営事務局に問題を報告

最新ブログエントリー

個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社