お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

CNET Japan ブログ

Mr.ネーダーへ2つの質問

2004/02/24 20:54
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

プロフィール

lessig

「CODE」「コモンズ」等の著書や「クリエイティブ・コモンズ」などで知られるスタンフォード大学ロースクール教授ローレンス・レッシグ氏のBlogの日本語版。著作権や特許などの知的所有権の問題やオンラインカルチャー関連のトピックスを紹介します。
ブログ管理

最近のエントリー

Ralph Naderは大統領選出馬を決めたようだ。彼のウェブサイトvotenader.orgにはそう書かれている(Macのブラウザではどうもうまくレンダリングされないが、わたしの父上によるとWindowsマシンではなんの問題もないそうだ。Ralphの大統領選キャンペーンについてNader2004.orgで探そうとしないこと。このドメインは親Nader-Nader批判者(わたしもその一員のつもりだ)に取られており、以前わたしが主張したことの映像版が置かれている)。

これはもちろん、われわれにとってはやりきれない報せだ。Naderが世にもたらした善の称賛者であり、他の候補者の政策よりもNaderのそれを評価しつつ、彼の出馬はBush大統領が2期目を務める可能性を増すことにしかならないと信じている者たちにとっては。

そこで、Mr. Naderに2つ質問がある。

(1) 自分が大統領になるのが最善だとしても、Bushよりは民主党の候補者が大統領になったほうが好ましいと思うか。

(2) そうだとして、もし2000年大統領選と同じ状況が繰り返されたとしたら――自分が当選する可能性はないが、あなたへの票が民主党候補の当選を阻止するだろうことが明確になったとしたら――、支持者に対して自分ではなく他の候補者に投票するよう頼むことを約束するか。

こう聞くのは、もしMr. Naderが両方に"yes"と答えるなら、わたしは全面的にかれの立候補を支持するつもりだからだ。かれの意見、高潔さ、そして(ひとつの重要な食い違いを除いた)かれの判断は、間違いなくどんな民主党候補とも、Bush大統領ともおなじ舞台に立つに値する。

[オリジナルポスト 2月22日午後5時25分]
※このエントリは CNET Japan ブロガーにより投稿されたものです。朝日インタラクティブ および CNET Japan 編集部の見解・意向を示すものではありません。
運営事務局に問題を報告

最新ブログエントリー

個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社