お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

CNET Japan ブログ

もうひとつの偉大な控訴審判決

2003/12/20 11:35
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

プロフィール

lessig

「CODE」「コモンズ」等の著書や「クリエイティブ・コモンズ」などで知られるスタンフォード大学ロースクール教授ローレンス・レッシグ氏のBlogの日本語版。著作権や特許などの知的所有権の問題やオンラインカルチャー関連のトピックスを紹介します。
ブログ管理

最近のエントリー

遅くなって申し訳ないが、やっとAssessment Technologies v. WIREdataに対する控訴審のオピニオンを読むことができた。全員一致の判事たちを代表して、Posner判事は「著作権者による、著作権が発生せずまた彼らによって制作されても所有されてもいないデータに対する、著作権法を利用したアクセス制限の試み」を却下すると書いている。著作権の及ぶ範囲の限界を(そしてなぜその限界が理に適っているのかを)示す有意義な判例のなかでも、これは上位に置かれるべきものだ(最高裁がFeist Publications, Inc. v. Rural Telephone Service Co.499 U.S. 340, 345-48 (1991)に下した判決よりもはるかに重要だ)。

Posnerは友人だ。わたしは彼の助手を務めていた。彼の助手でいてもっともすばらしいのは、彼が自分の仕事を自分で書き上げてしまうために、助手の仕事はそれに反論してみせることだけということだ。だが特許と著作権の分野に関しては、ますます反論する点がなくなっている。もし広範囲に及ぶ知的財産の問題を経済学の視点から分析した、バランスの取れたすばらしい論文が必要なら、Posner(とLandes教授)の最新の著書The Economic Structure of Intellectual Property Lawを読むことだ。

[オリジナルポスト 12月19日午後3時15分]
※このエントリは CNET Japan ブロガーにより投稿されたものです。朝日インタラクティブ および CNET Japan 編集部の見解・意向を示すものではありません。
運営事務局に問題を報告

最新ブログエントリー

個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社