お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

CNET Japan ブログ

イタズラ心は最大のバイラルマーケティング/メントス&ダイエットコーラCMの効果

2006/11/13 14:54
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

イタズラ心は最大のバイラルマーケティング/メントス&ダイエットコーラCMの効果

 ソニーのブラビアのCMの場合はYouTubeに掲載されることで、ブランドや認知効果には成果があったかもしれないが、直接の購買には結びつきにくい。
しかし、ダイエットコークとのコラボレーションを勝手にやってしまったコンビは、最終的にはメントスのフィルムコンテストで400万円相当の賞金を手にしただけではなく、数千個のメントスとダイエットコークの売り上げにも貢献した。しかし、その買われたメントスとコークの消費者は、人間ではなく、芝生や道路であるところは今後社会問題へと発展するかもしれない。

はじまりは、
http://www.EepyBird.com というサイトを運営する2人のコメディアンが、ダイエットコークの中にメントスを注ぎ込み、噴水のように噴射させるというパフォーマンスをするサイトを公開したことに端を発する。彼らの見事なまでの日本の水芸のような芸術的作品にまで作り上げた。
単なるメントスはネタのひとつであったのだが、この芸を見たメントスを発売するは、彼らに対してプロモーターとして400万円相当の契約を交わし、メントスビデオコンテストを開催した。
http://www.mentosgeysers.com/

ただ、今までのビデオコンテストでは、作品を発表して、どこかで公開して終わりなのだが、YouTubeをプラットフォームとしたことによって、コンテストが終了後も、メントスとダイエットコークの話題は、バイラルというよりも、まるで学校のクラスの中での、イタズラが学校中でブームとなるように広まっていった。ただ、そのクラスは、ひとつのクラスではなく、インターネットで結ばれた巨大なクラスと化していった。
 YouTubeで「Diet coke」と「mentos」と検索するとすでに4,000本以上の映像がアップされている。100人に一人がこの映像をアップしていると仮定すると、40万人以上の人がこの実験を認知しているといえる。そして、自分もやってみたいと思ってる10人の人を集めて実験をしたとすると、400万本の2リットルのダイエットペプシと400万個のメントスの売れ行きが予測できるのだ。

もちろん、作品にはせず、ひそかに実験している人もたくさんいるはずで、コマーシャルをマネするだけの数のメントスとダイエットコーラが実際に売れているということだ。残念なのはそれを誰も口にせず、道路にまき散らかされていることだろう。

 メントスの製造元では年間におよそ2,000万ドル(22億円)の広告費をかけているが、今回の大ブームで1,000万ドル(110億円)分の宣伝効果があったとみなしているらしい。そのうちケガ人が出るなどして禁止されるかもしれないが、それほどまでにイタズラ心を刺激された消耗品であれば一気にブレイクすることが証明された。

EepyBirdの2人には、Tシャツ、DVDの発売にさらにオフブロードウェーの出演と多忙な日々が続いている。さらに新作も発表となった。
今度はドミノ倒しのエッセンスが加えられた。
今度の作品は、GoogleVideoと広告提携がなされ、GoogleからPV数に応じて広告費用を受け取る契約となった。
「Experiments II 」
http://eepybird.com/exp214.html

※このエントリは CNET Japan ブロガーにより投稿されたものです。朝日インタラクティブ および CNET Japan 編集部の見解・意向を示すものではありません。
運営事務局に問題を報告

最新ブログエントリー

個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社