お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

CNET Japan ブログ

ソーシャルブックマークの先に見えてきたもの-Pathtraq

2007/08/17 00:37
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

プロフィール

寺本由美子

本名とタイトルのペンネームが異なっているのはご愛敬(話せば長~い物語あり)。IT系の話題からゲームのレビューまで、自由気ままに発信します。iPadやiPhoneなど、大好きな電脳小物についても熱く語りたいですね。Twitterにも出没中。ブログへのコメントも、@kirifue へどうぞ。
ブログ管理

最近のエントリー

サイボウズから8月8日にリリースされたPathtraq(パストラック)は、アクセスログ解析・共有サービスである。これがかなり期待できそうなシロモノなのだ。

Pathtraqとは

簡単に言うと、仕組みはこうだ。

1.Webブラウザのプラグインとして組み込んだPathtraq用モジュールが、ユーザーのアクセスログをPathtraqサーバへ自動送信する。
2.その情報から各Webページのアクセス状況を解析し、PathtraqのWebサイト上で公開する。

サイボウズによると、これはソーシャルブックマークの一歩先をいくWeb2.0サービスだと位置づけられている。つまり、検索サービスで言えば、手動で登録していたYahoo!ディレクトリに替わって、ボットで自動収集するGoogleサーチが台頭してきたように、自動化の流れが情報共有サービスにも起きつつあるのだ。

 Yahoo!ディレクトリ   →  Googleサーチ 
手動   自動
 Social Bookmarks   →  Pathtraq 


ソーシャルブックマークをWeb2.0と表現するかどうかはともかく、似たような試みはかなり前から始まっていた。以前ここで紹介した「なかのひと」や「あわせて読みたい」や巷のアクセス解析サービスも情報を収集するという点では同じだし、ページ滞在時間に応じてdel.icio.usに自動postするGreasemonkeyスクリプトに至っては、もろ、同じ発想と言える。集合知を活用することはもはや当たり前だが、それを自動で行うところに意義がある。

ただし、「なかのひと」や「あわせて読みたい」は、自分のブログやサイトにパーツを貼り付けてトラッキングを行う、ページ(=情報発信者)主体のサービスであった。「Google Analytics」等のアクセス解析サービスも同様だ。Pathtraqは、ユーザー(=情報閲覧者)主体のサービスである点が異なる。このため、ユーザーが該当ページの前後にどのサイトを見ていたか、といった情報の流れを追うことが容易となっている。
(ちなみに、「なかのひと」や「あわせて読みたい」は特化したサービスがユニークで面白かったため、多くのブロガーからの支持を得たのであるが)

「はてなブックマーク」や「del.icio.us」等のソーシャルブックマークとの違いは、手動か自動かという点であると述べた。実は、これにはもっと大きな利点がある。「はてブ」のランキングを見ると分かるが、ブックマーク数は多くても数千程度に過ぎない。ソーシャルブックマークを積極的に活用するのは、イノベーターやアーリーアダプターと呼ばれる層が多くを占めており、いわゆるサイレント・マジョリティ(物言わぬ多数派)の情報は埋もれたままなのだ。これを発掘し、利用することこそ、Pathtraqのメリットと言えるだろう。

現時点での提供サービス

サイボウズのニュースページには、以下のような謳い文句が記載されている。

1.利用者による利用者のためのサイトランキング機能利用者の閲覧軌跡を元にニュースやブログなど、特定のドメインにこだわらないサイト横断ランキング機能が搭載されています。

2.任意のサイトのトラッキング分析機能任意のURLで検索したページ、及びサイトの簡易解析機能で、どこから来た人がどこへ去ったのか、また、そのページにどれだけのアクセスがあったのかなどが一目瞭然でわかります。

1.サイトランキング機能には、「注目のページ」「人気のページ」「定番のページ 」の3種類の切り口が用意されている。
Pathtraq3

2.任意のサイトのトラッキングを分析するには、Pathtraqのサイトの右上に表示されている「URL」欄に入力して「サイト情報」のラジオボタンを選択し[解析する]ボタンを押せばよい。「URL」欄に空白をはさんで複数のURLを入力することで、サイトやページの比較をすることもできる。自社とライバル企業との比較解析や自社内のページの人気度判定などの応用が可能だ。
Pathtraq2

反対に、サイト情報あるいはページ情報の公開を拒否したい場合は、「Pathtraq/」で始まるユーザーエージェントに対して403レスポンスを返すという手段がある。また、ベーシック認証を行っているページは、アクセス統計の対象外となっている。

ブログパーツも公開されている。以下に、「注目ランキング」のブログパーツを張ってみた。

ブログパーツを張る方法

トップページから「注目ランキング」「注目ページを見る」「人気ページを見る」「定番ページを見る 」などの詳細ページへ飛ぶ。または、ブログパーツの右上に表示されている「詳しく」のリンクをクリックしてもよい。それぞれのページの一番下にある「ブログパーツのご案内」に(詳しい手順)のリンクがあるのでクリックする。ブログパーツのタイトルと大きさを決定してプレビューし、気に入ったら、生成されたHTMLをブログに貼り付ける。

可能性という点では、まだまだ多くのものを秘めていそうだ。とにかく、まずは大量の情報を収集する(ここが重要)。それを加工・解析して表現し、公開する。前者はサイボウズが行うとしても、後者は必ずしもサイボウズがやる必要はない。適切なAPIを公開することで、Pathtraqとマッシュアップした新たなサービスが生まれるだろう。RSS, JSON(P)での提供を始めるらしい。大いに期待したいところだ。

まとめ

成功するかどうかは、いかに多くのユーザーに、Webブラウザのプラグインをインストールしてもらえるかどうかにかかっている。サイボウズ・ラボでは、1ヶ月で1万人を目標にしているそうだが、果たしてどうなることか..
そこそこの数字は稼げるだろう。しかし、筆者はこの分野をGoogleが放っておくわけはないと考えている。まさに世界規模で、Googleなら同じこと、いや、それ以上のことができるからだ。

Webの進むべき方向性としては申し分ない。人手に頼らずとも、玉石混合の情報の山から、本当に価値のあるものを見出せるようになるだろう。こういったサービスのマッシュアップ効果や競合サービス間の競争は大いに歓迎すべきかもしれない。

(ぶっちゃけ告白すると、私の「はてブ」の使い方は、単なるブックマーク以上のものではない。とにかく、気になったサイトがあったらブックマークする。だから、いくらPathtraqが優れているからといって、手動登録のソーシャルブックマークが無くなるのは困る。うん、とても困る。それに、特定の個人のブックマークに注目したいことだってある。まあ、そういう人は世の中にいっぱいいるので、既存のソーシャルブックマークが無くなることはないだろう。それはサービスの多様化の一形態に過ぎないから。)

ともあれ、新しいサービスに乾杯!

Webブラウザのプラグインのインストールは、以下からどうぞ。
(対象ブラウザは、Internet Explorer6または7Mozilla Firefox 2.0のみ)

Pathtraq - みんなの見ているサイトをチェック

ただし、いきなりポップアップウィンドウが表示されるので、かなり面食らう。まるで、有料エロサイトか何かに迷い込んだかと勘違いしそうなのだが、どんなもんだろう? まあ、これぐらいしないと、インストールする人数を確保できないのかもしれないが。
Pathtraq1

また、Pathtraqサイトの構成は分かりにくい。せめてトップページだけでも、もっと洗練されたカタチにしなければ..
むしろ、フクザツな印象を持つくらいなら、余分なものをごっそりそぎ落として、シンプル過ぎるくらいにした方がなんぼかマシである。サービス開始当初のGoogleの検索ページを思い出してほしい(枝葉末節にこだわるようだが、初期段階では案外こんなことが重要だったりするのではないかと)。サービスは初めにユーザーありきなのだから。

マイコミジャーナル 2007/08/08
人気ページが一目瞭然! - サイボウズ・ラボ、アクセスログ共有サービス公開

CNET Japan 2007/08/08
アクセス履歴を共有すると何が見える?--サイボウズ・ラボ、「Pathtraq」を公開

※このエントリは CNET Japan ブロガーにより投稿されたものです。朝日インタラクティブ および CNET Japan 編集部の見解・意向を示すものではありません。
運営事務局に問題を報告

最新ブログエントリー

個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社