お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

CNET Japan ブログ

【Wiiレビュー】RimoでYouTubeか、Stumble Videoで動画か

2007/02/17 04:49
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

プロフィール

寺本由美子

本名とタイトルのペンネームが異なっているのはご愛敬(話せば長~い物語あり)。IT系の話題からゲームのレビューまで、自由気ままに発信します。iPadやiPhoneなど、大好きな電脳小物についても熱く語りたいですね。Twitterにも出没中。ブログへのコメントも、@kirifue へどうぞ。
ブログ管理

最近のエントリー

Wiiの新しいチャンネルを試してみよう」のコーナーへようこそ(って、思いつきのネーミングでスミマセン)。さて、今回のミッションは、Wiiでの動画視聴である。

Wiiで動画を楽しむには、「インターネットチャンネル」(Operaブラウザ)が必要となる。現バージョンは「お試し版」ということで、ブラウジングに機能が絞ってある。3月提供予定の正式版の価格は500円(500Wiiポイント)となるが、6月末までは無料「ショッピングチャンネル」から、ダウンロードしよう。
「インターネットチャンネル」の操作方法は、Impressの利用レポートに詳しく載っている。

ところで、まだ「お試し版」のせいなのか、Wii本体が1日で2度ほどハングアップした。1回目は画面が真っ白に、2回目は真っ黒になってウンともスンとも。こんなときは[POWER]スイッチの長押し(約4秒)で対処するしかない。

はてなの『Rimo(リィモ)』でYouTubeの視聴

なになに、WiiでYouTubeとな?!
「別に、PCでできるんだから、わざわざテレビで見なくても..」と思うかもしれない。確かに、PCでアクセスするYouTubeは投稿や検索は当たり前だし、コメントも書ける。至れり尽くせりだ。しかし、はてなの新サービス『Rimo』は、コンセプトがそもそも違う。垂れ流しの動画なのだ。バックグラウンド的にエンドレスで動画を再生する。現時点では広告もない。

早速、サイトにアクセスしてみた。
http://rimo.tv/
「インターネットチャンネル」起動後、最初の1回は[アドレス入力]を選んでURLを入力(Wiiリモコンで文字選択)し、サイトにアクセスしよう。画面が切り替わったら、画面下に表示される[★]のマーク(お気に入り)を、押しておく。2回目以降からは[お気に入り]を選んでアクセスできる。

左の写真が[お気に入り]。
右の写真は「アート&アニメチャンネル」を選択したところ。動画と動画の間には、次の動画のサムネイルと「このあとすぐ」のメッセージが表示される。が、混んでいるためか「すぐ」ではないときも、ままある。
WiiokiniiriRimo1

左の写真は、動画視聴中。全画面で再生を行うが、Wiiリモコンのポインタを画面上に持っていくと、左下にチャンネル、右下に[](スキップ)ボタンが現れる。
右の写真は、うっかり、Wiiリモコンの[B]ボタンを押したまま、ポインタを動かしてしまったところ。画面がスクロールして(ブラウザの仕様)表示が乱れる。[B]ボタンを押しながらポインタで調整すれば元に戻るので、慌てないこと。
Rimo2Rimo3

チャンネルは[1]〜[4]の4つ。今後、追加される予定。
 [1]Music(音楽)
 [2]Comedy(コメディー)
 [3]Arts&Animation(アート&アニメ)
 [4]Pets&Animals(ペット&アニマル)

番組はYouTubeの人気動画からピックアップされており、約1日ごとに新しいプログラムを配信するらしい。アクセス数の多い動画ばかりなので「はずれ」も少ないという理論だ。

「アート&アニメチャンネル」では、『BLEACH』や『D.Gray-man』の映像もまるまるアップされていた。明らかに著作権を侵害している映像であるが、開発者の蓑輪氏いわく「YouTubeのポリシーに従って運営している。データ自体はこちらで持っていないし、キャプチャなどを行っているわけでもない」。とは言え、本家と同様、権利者からクレームがあった場合は、表示されないようして対処するとのこと。

開発者の神原氏は「『ベータ』とは言いたくない。普通の人には、分からない言葉だから」とおっしゃっている。私自身、β版という言葉は、あまり好きではない。仕事でシステムを開発する際「ここまでがひと区切りの目標」といった具合に、細かくプロセスを分けることが多い。いわゆるアジャイル的な開発プロセスを心掛けている。それは、どの段階においても、その時点でのベストを目指したいからだ。そういう意味で、『ベータ』のないシステムは、いつでも発展途上である、と同時に完成品でもあると思う。これから『Rimo』がどのような進化を遂げていくのか、大いに楽しみだ。

『Stumble Video』で動画の視聴

『Stumble Video』のPC版動画サイトは去年の12月から開設されていたが、2月13日からWiiでもリリースされることとなった。 YouTube、Google Video、MySpace.comの動画サービスに対応しており、自動的に動画を表示する。「良い/悪い」の投票結果によって、ユーザーの好みを学習していくしくみが新しい。また、他の人に動画を推薦する機能もある。

ただし、この動画サイトは日本語版ではない。アニメチャンネルでは『Akira』が英語を話していたし、『Naruto』では、英語の説明つきだった。うまく当たれば、日本語の動画が表示されることもある(さんまさんがしゃべくっていた)。

サイトへのアクセスはこちら。
http://video.stumbleupon.com/

左の写真は、アクセス時の「チャンネル一覧」。右上の[More channels]ボタンを押すと、さらにチャンネルが表示される。
右の写真は、動画再生中。
Stumble1Stumble2

操作ボタンは、以下の通り。
 [左上]ボタン:チャンネル内で先頭から再生
 [左中央]ボタン:サイン・イン。[Register]でユーザー登録可。
 ユーザーの好みを覚えたり、推薦(share)できるようになるらしい。
 [左下]ボタン:チャンネル一覧へ
 [右下]ボタン:みんなのオススメ動画(share)
 [下のバー]:動画再生バー

画面下にある十字キーの説明バーは、ポインタを画面に持っていったときだけ表示される。
 [十字キー右]:次へ
 [十字キー左]:前へ
 [十字キー上]:「良い」の投票
 [十字キー下]:「悪い」の投票

まとめ

どちらのサイトも、Wiiと同じURLで PCからもアクセスできるので、試してみるといいかも。ただし、インタフェースはやや異なっている。Wiiの方が単純で、より直感的に操作できるように作られているのだ。ファミリーという広範囲なユーザー層を見込んでのことだろう。Wiiならではと言える。

日本的なテレビの楽しみ方に「ダラ見」「ナガラ見」というのがある。見てもいないのに、テレビが点いているのは当たり前。また、何かをしながらテレビを眺めることも多い。そんな使い方にピッタリの番組と言えるかもしれない。

しかしながら、海外での評判はどうなんだろう。『Stumble Video』は元々英語版だし、『Rimo』は海外版も同時にリリースされた。欧米では、テレビをつけっ放しにしている家庭は少ないようだ。しかし、こういったサービスがテレビのあり方を変える可能性もある。

私は「ダラ見」ができるのがグー。と思っていら、娘は「検索できないのか、つまらん」と一蹴。PCでの動画検索とは、用途が違うのだよ、用途が!

BroadBand Watch 2006/12/22
Wii向けブラウザ「インターネットチャンネル」お試し版利用レポート

はてなダイアリー日記 2007/02/16
ネットの人気動画を抽出、エンドレスに再生「Rimo(リィモ)」リリース

ITmedia News 2007/02/16
YouTubeをテレビで“ダラ見” はてな、Wii対応の動画サービス

IBTimes 2007/02/16
はてな、動画サービス「Rimo」公開、Wiiにも対応

MarkeZine 2007/02/16
はてなとWiiとYouTubeが、新しいテレビつくりました。「Rimo」スタート

CNET Japan 2007/02/17
はてな、人気の動画を抽出・再生するサービス「Rimo」公開--Wiiにも対応

INTERNET Watch 2006/12/15
米StumbleUpon、面白動画の発見サービスを開始

CNET Japan 2007/02/13
動画検索表示サービス「Stumble Video」、「Wii」への対応を開始

※このエントリは CNET Japan ブロガーにより投稿されたものです。朝日インタラクティブ および CNET Japan 編集部の見解・意向を示すものではありません。
運営事務局に問題を報告

最新ブログエントリー

個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社