お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

CNET Japan ブログ

どれから買う?買わない?次世代ゲーム機まとめ

2006/05/27 23:05
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

プロフィール

寺本由美子

本名とタイトルのペンネームが異なっているのはご愛敬(話せば長~い物語あり)。IT系の話題からゲームのレビューまで、自由気ままに発信します。iPadやiPhoneなど、大好きな電脳小物についても熱く語りたいですね。Twitterにも出没中。ブログへのコメントも、@kirifue へどうぞ。
ブログ管理

最近のエントリー

さあ、見えてきた。次世代ゲーム機の全貌。
PS3WiiXbox 360、各ゲーム機の違いは、どこら辺にあるのだろう。まずは、価格・スペックを、ザックリまとめてみた。


価格の捉え方
PS3 6万2790円(HD 20GB)/7万5000円(HD 60GB)程度の予想
Wii 2万5000円より下
Xbox 360(HDD付) 3万9795円以下(オプションのHD DVDの価格は未定)

Wiiが一歩リード。ゲーム機としては、しごく正当な価格である。クリスマスに小学校低学年の子供にプレゼントできる範囲と言えよう。
Xbox 360はそこそこの値段だが、日本では売れっこない。初めにソフトありき、だから。文化の溝は思ったより深い。
PS3は圧倒的に不利、というより、もはやこれはゲーム機の値段ではないだろう。SONY自身もただのゲーム機としては捉えていないようだ。この値段でも飛びつくのは、一部のコアなユーザ+ビッグタイトルのファンのみ。後の大多数は、見(ケン)に回ると予想される。PS2でもまだまだ遊べるということをユーザはよく分かっているので、それが逆に抑止剤となり、普及に歯止めをかけてしまう。長期戦必至。
Blu-rayプレイヤーとしてなら格安という見方もあるが、そもそもBlu-rayを利用する必要性が低い現段階においては、PS2発売当時におけるDVDプレイヤーとしての価値には遠く及ばない。また、どうせ買うなら、高性能なレコーダータイプがいいということを、DVDレコーダーの購入時に消費者は学んでいる。


三者三様のウリ
PS3 ハイビジョン対応。ハードディスク内蔵。次世代DVD規格Blu-ray Disc搭載。モーションセンサー付コントローラー。PS2ソフトという膨大な資産。ネットワークでのプレイ。全部ひっくるめて、高機能性。
Wii 誰でも使えるリモコン型コントローラー。素早い起動と24時間スタンバイモード(インターネット常時接続)。ニンテンドーDSとの連携。おそらくは頑丈な構造。そして、遊び心。
Xbox 360 ハイビジョン対応。ハードディスク内蔵。オプション提供の次世代DVD規格HD DVD。ネットワークシステム「XBOX LIVE」によるWindows Vistaとの連携。


他者に比べ、不足しているモノ
PS3 あえて言うなら、ユーザサイドの視点(特に価格)。
Wii ハイビジョン、高速なプロセッサ、ハードディスク等。とどのつまり、ハイスペックな部分。
Xbox 360 致命的なソフト不足、日本での戦略。

かなり主観入りまくりの「まとめ」になってしまったが、ご容赦を。
で、勝利するのは、一体どこか? 先程も述べたように、値段だけならWiiが断然有利。
しかし、「三者三様のウリ」と「不足しているモノ」を見れば分かるように、それぞれ力の入れ所が異なっている。つまり、ユーザはこれから何を求めるのか、あるいは、何を求めざるを得ないのか、という点を見極めることこそ肝要。
Microsoftが巻き返すためには、Windows Vistaとの連携こそWindowsユーザの特権、醍醐味と思わせればいい。GameのコアユーザとPCのコアユーザを同時に取り込める。
SONYは、Blu-rayとハイデフで高画質・高品位のゲームを提供する。と同時に、過去のソフト資産をネットワーク配信し、ハードディスクやメモリースティックデュオに保存させる。PC、PSPとの連携を強化。と、ここまでは、SONYも公表済み。個人的に望むのは、ロケフリ的な動画配信マシンとしての使用用途だ。技術的な要素を削るつもりはないようなので、しばらくは高価格なままでも致し方あるまい。後は、ユーザが食いつくまで、気長に待つのみ。それでダメなら、もっとシンプルなマシンを次期バージョンに追加して、ユーザに歩み寄るか(この場合も、敗北ではなく、前向きな姿勢で)。
Nintendoは、あくまでゲーム機という立場を守り通し、このまま風に乗って突っ走る..
と、まあ、これは、メーカーサイドの見方。

我々ユーザは、財布とも相談しなければならないが、かといって、全部を見送るのは淋しい。
そこで、いくつかの案を考えてみた(もちろん、他の選択肢もいろいろあるだろう)。

パターン1:
 他を犠牲にしてPS3一本に絞り、即買い。
 FF XIIIも同時にゲット。PS3、命!
パターン2:
 とりあえず、クリスマスプレゼントとして、子供に
 Wiiを贈る。だって、自分も使えるし..
パターン3:
 両方買う、が、時期を微妙にずらす。今年はWii、来年は
 PS3、ってな具合に。家計にやさしい配慮(と思い込む)。

私はどうするかって?
うーん、うちのゲーヲタ娘の意見はこうだ。
(娘)Wiiは何だか面白そうだから、すぐ買うかも。だって、安いも?ん。小さい子にもやさしい、万人向けのゲーム機だよね。『スマブラ(大乱闘スマッシュブラザーズX)』よさそうだし」
PS3は?
(娘)PS3はダメだー。高過ぎる。ゲーム以外の使い方が見い出せる人にはいいけど、純粋にゲーム機としてはどうよ。人柱とか、値段の動向を見ないと」
とか言っても、結局、買うんだよね。もとい、買わされるんだよね。
(娘)「ま、そりゃそうだ。『ファイナル・ファンタジーXIII』や『デビル メイ クライ4』も出るしさ」
うちは、パターン3かも、ってことで。

CNET Japan
任天堂、次世代ゲーム機「Wii」は250ドル以下に
次世代ゲーム機は買い?--E3で見えたその真の姿
フォトレポート:PS3で進化するファイナルファンタジーの世界

※このエントリは CNET Japan ブロガーにより投稿されたものです。朝日インタラクティブ および CNET Japan 編集部の見解・意向を示すものではありません。
運営事務局に問題を報告

最新ブログエントリー

個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社