お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

CNET Japan ブログ

お待たせしました、ガツンとLingrの新リリースです

2007/02/01 13:26
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

例によってご報告が遅くて申し訳ありません。

とうとう待望のLingr API(リンガー・エーピーアイ)Lingr Radar(リンガー・レーダー)をリリースしました。

世界最強(と勝手に思ってる)ウェブチャットのLingrですが、さらなる未知の世界へと大きな一歩を踏み出すときがやってきました。

今回のリリースは、Lingrを最初にグランドリリースして以来の最大のアップグレードです。

いやぁ長かった。。。ここに至るまでの経緯について少しお話させてください。

どんなプロダクト開発にも仮説と検証のなかで見つかる大きなミステイクがありますが、Lingrももちろん例外ではありません。わたしたちの最大の失敗は、「自分のチャットルームを作っても、誰もこないその部屋でずっとひとり誰かが来るのを待ってるのは寂しい」という点を見逃していたことでした。

ブラウザというのは能動的なメディアですから、自分からアクセスしないとそこへ行けない。ブックマークだろうが何だろうが、かならず「そこに行く」というワン・アクションが必要でした。しかし、Lingrというのはまず何よりも「待つ」メディアなのです。誰かがそこで待っていてくれてないと、何もはじまらないのです。

しかし、とくにユーザ数のまだ少ない現段階で、誰も来ないその部屋に、ただ自分ひとりが「今日も誰もこないんだろうなー」と思いつつ毎日ログインしつづけるのは楽しいどころか苦痛です。そして、いつしかその自分の部屋にさえ訪問するのをやめてしまうのです。

ずっと毎日居てくれたルームオーナーが、ある日からパッタリと姿を現さなくなるのを見るのは、とっても悲しいことでした。

これは鶏と卵のどっちが先かという問題です。ルームオーナーであるあなたが最初の「待つ」一人目になるのをやめてしまったら、誰がその最初の一人になってくれるというのでしょう?・・・かくして、ユーザは増えては減る、を繰り返し、全体としては微増にとどまってきました。

ユーザー数が最初から多ければ何の問題もないのです。しかしLingrはブランニューなサービスです。ユーザ数が多くなった未来に役立つ機能ばかりいくら詰め込んでも、いつまでたってもキャズムを超えられないのです。

この「寂しさ問題」の存在には、初回のリリース直後に気付きました。それ以降、ずっと密かに開発を続けていたのが今回リリースしたLingr Radar(リンガー・レーダー)です。これをインストールしておけば、ブラウザを開かなくても自分の分身を部屋に置いておくことができます。そして、誰かが発言すれば、それを瞬時にキャッチしてこんな感じでデスクトップに届けてくれるのです(表示はオフにもできます)。

ウェブの世界で起こってることが瞬時にわかるのは、かなりの新感覚ですよ。

■ルームオーナーのみなさまへ

というわけで、まずはルームオーナーのみなさまへのお願いです。

これまでにLingr上にルームを作ったことのある方には、ぜひLingr Radarをインストールして、どんな感じか試してみていただきたいと思います。なにもしなくてもパソコンさえ立ち上げれば常駐できますから、いつか素敵な出会いがあることでしょう。

Lingr Radar導入のステップはこんな感じです。

  1. ここでユーザ登録してサインイン
  2. ここからLingr Radarをダウンロードしてインストール
  3. ウォッチしたい部屋、たとえばぼくの部屋へ行き、右のほうにあるというアイコンをクリック
  4. Radarは自分の発言には反応しないので、そこにいる誰かに何かしゃべってくれるように頼む(笑)か、別のブラウザ(IEがメインならFirefoxとか)で同じ部屋に行ってテスト発言してみる

以上のステップをふむだけで、これがどのように動くものかがおわかりいただけると思います。

ぜひ、自分のつくった部屋だけでもRadarで常駐しておいていただければと!

あ、それから、このLingr Radarの開発者は日本で最も使われているIRCクライアントであるLimeChatの作者、中川智史です。彼はぼくの人生にさまざまな転機をもたらしてくれた大切な友人であり同僚なのですが、ついにLingrチームの4人目のメンバーになりました(所属は日本だけどリモートで)。VC++/MFCでWindows版を開発し、現在はObjective-CでMac版を開発中(もうすぐリリース!)、同時にRoRバックエンドも書くという、センス抜群で超マルチなプログラマです。

クリスも2007年から正社員になったことだし、ようやく「全員ハッカー」というポリシーのLingrチームにも勢いがついてきました。もう、この4人なら何でもできる。これ以上のメンバーは望めないし必要ない。という感じなので、このままどこまでも突っ走りたいと思います。

■そして開発者のみなさまへ

そして開発者の方にはLingr APIのリリースが興味深いと思います。自分でいうのも何ですが、このAPI、結構イケてます。

なにがって、すんごい簡単なのです。ここに書いてあるチュートリアルに沿ってやるだけで、3分で「Hello world」できます。

このはてなグループによる翻訳サイトは上記チュートリアル以外にも公式wikiにある大切な情報をほぼ網羅してますし、yune_kotomiさんを中心として多くの人の協力によってすごい勢いでメンテされています。

というわけで、先週の金曜にAPIをリリースしてから、週明けまでの間に、あっという間にわんさかアプリケーションがリリースされました。

主なところを挙げてみましょう。(うち一部はwikiのショーケースにリストされています。みんなこっちも更新してね!)

1)オフィシャルのRubyベースのツールキット

2)yune_kotomiさんのLingr Notifier for MacOSX (Growlを使用) と、API公開以前に作られていた、アーカイブからキーワードを抽出してRSSとして提供してくれるLingr Keywords。Notifierのほうは、キーワード反応機能もあるので、自分の名前が呼ばれたときだけ「コン」ってかわいい音を鳴らすことが可能です。RubyCocoaはやくLeopardで標準搭載になって欲しいね!

3)naanさんのLingr Notifier for Firefox。やばいです。仕事にならなくなるので危険。。。(つまり実用性ではダントツという意味ですw)とくにLinuxをデスクトップで使ってる方には現実的な解かと思います。

4)NさんのLingresident for Ruby。ターミナルで暮らしてる人向けの常駐用Rubyスクリプト。snifferくさい動作ができたり、かなりマニアックな仕様が。。。

5)p4lifeさんのPHP ライブラリPEAR::Services_Lingr。すんごい早い段階でリリースしてくれました。ありがとう!

6)Lingr ToolsでおなじみのLady.BUGさんのLingr API Wrapper Library for .NETと以下のように動くLingr Client。すげぇ。。。(絶句)


7)Cometを使ったリアルタイム・ホワイトボード共有アプリSharpanをいちはやくリリースしたGimiteさん作の、伝言ボットBot Deborah。人工無能ロイディの移植を楽しみにしてるよ。。。

8)よい子のみなさんの憧れアルファギークmiyagawaさんのWebService::Lingr for PerlPOE::Component::Client::Lingr for PerlNotify::Lingr for PlaggerLingr/IRC bridge for POE・・・あいかわらず驚異的な開発力。「つくろっか?」って言ってくれたので「つくって!」ってお願いしたら、2時間後ぐらいにでてきました。マジデスカ。

どーよこれ。IRCブリッジ。

9)GaucheハッカーのRuiさんが作ったはてブのホットエントリをLingrへ中継するサービス。ちなみにGaucheの部屋はLingr上でかなりアツイです。ぼくにとっては雲の上のひとたちでなので、おそれおおくてなかなか入れないのですが、腕に覚えのあるハッカーはどうぞ。

10)malaさんが作ったlivedoor Readerの未読件数を淡々と記録するよ on lingr。malaさんのブログ最速インターフェース研究会は、Lingrの開発でもかなりお世話になってます。この場を借りてお礼を申し上げます。

11)Lingrは画像のURLを自動で展開して貼り付けてくれるのですが、その機能を活かしてウノウのなかのひととか(だよね?)が作った、コマンドを入力するとフォト蔵からキーワードにあった写真を見つけてきて貼ってくれるボット。ともかくこの部屋に行って、「/photo [keyword]」みたいな感じでキーワードを入力してみてください。すぐに画像が出てくるはずです。これ、めちゃおもろいのでおすすめ!

12)jumboさん作の、コマンドを入力するとwikipediaやグーグルニュースから記事を引っ張ってきてくれるボット。この路線は色々アイデアが出てきそう。

13)つい一週間前にアメリカにきたばかりで、先日のNさんのギークサロンでお会いした小野さんのLingr API for Microsoft COM。奥さんと子供を日本に残してきて、こんなギーク生活を送っていていいのでしょうか。w

その他にも、伝言ボット、計算機ボット、度量衡ボット、為替変換ボット、javascriptコンソールボット、irb実行ボット(rubyのソースを貼ると実行して結果を返してくれる)、、、続々と面白いアプリやマッシュアップがでてきています。

それから、他サイトへのチャット機能埋め込みについては、Lady.BUGさんがここで指摘してくれていますが、Comet部分だけをブラウザからLingrサーバへ直結して、あとは自前サーバ経由にするのが吉です。

あと、個人的に欲しいなぁと思っているものを書いちゃいましょうか。

  • Flashで動くブログ・アクセサリとしてのチャットモジュール(DHTMLでつくる場合に比べて、クロスドメイン制約を回避できるのでLingrの全機能に完璧にアクセスできるし、コンテナページのCSSの影響を受けないのでとてもポータブル)
  • ゲームボット。ミステリーハウスみたいに、ユーザが入力したフリーテキストのコマンドに反応してシーンが進み、シーンはURL画像で貼り込むというもの。開催日時を決めてマルチユーザで参加。人工無能も搭載して雑談相手にもなってくれればなおよし。
  • ホットルームを定期的にモニターしてくれるDashboardウィジェット
  • Favoritesに入ってる部屋を巡回してRSSリーダーっぽく未読管理をしてくれる、Lingrを掲示板的につかいたい人向けのツール

他にも無数に思いつきますね。ちょっと煽りの入ったこのプレスリリースにもどういうアプリケーションが考えられるかを列記してみましたが、ここに書いたもののうち多くがすでに実装されてしまったというのは本当に驚きです。

そんな感じで、大変楽しいことになっております。ぜひ開発者のみなさま、ご参加ください。

今週末には梅田さんのトークイベントもありますので、そちらもお見逃しなく!!

追記:

ちょうどタイミング悪くはてながメンテ中になっているのでこちらにも書きますが、梅田さんのトークイベントの会場はこちらですので!

Sy Smith / Drop That

※このエントリは CNET Japan ブロガーにより投稿されたものです。朝日インタラクティブ および CNET Japan 編集部の見解・意向を示すものではありません。
運営事務局に問題を報告

最新ブログエントリー

個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社