お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

CNET Japan ブログ

iPod盗難事件

2006/01/09 15:25
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。

さて、私ごとで恐縮ですが、最近あったiPodにまつわる事件を。

My iPods

学生時代からの友人Tがアップル本社に勤務しているため、社割でもろもろのアップル製品を購入させてもらっているのですが、最近買ったiPod 60GBでは大変面倒なことになりました。

最初にオーダーしたのは11月23日。アップルストアで購入すると、発送後に配送業者のサイトで配送状況をトラッキングするためのナンバーが送られてくるので、それを見ながら到着予定を心待ちにしていました。

以下のリンクが、その実際のトラッキングURLです。

UPSで荷物追跡

上記を見ればわかるのですが、カナダはオンタリオから数営業日で届く予定だったiPodが11月29日時点で誤配送と判明し、ようやく12月1日になって受け取ったのでした。

ところが、この日に自宅で受け取った奥さんから連絡があり、「あまりに軽いので開けてみたら、梱包の中に何も入っていなかったよ。」というのです。

当初は、意味がわかりませんでした。

帰宅して確認してみると、確かに梱包の中にはインボイス兼パッキングリストが1枚と緩衝材が詰まっているだけで、肝心のiPodが見あたりません。

だんだん、状況が見えてきました。

盗まれたのです。

梱包は、不自然に開けられた形跡があったそうです。そして、そういう衝動を誘発するかのように、梱包の外側にもこの中身がiPodであると記載されています。

このクリスマスシーズン、大人気のiPodが狙われても不思議ではありません。

ところで、購入したのはアップルストア、しかもアップル本社の社内システムからの発注です。おそらく犯人は一連のロジスティクスのどこか(倉庫業者か配送業者)の社員でしょう。

それにしても途方に暮れたのは、もう支払いは先に済ませてあるわけだし、モノは早く欲しいし、結局アップルストアに泣きついて再度もう一個送ってもらうしかないのですが、そのお願いをするために、iPodを盗んだのが私ではないことを、どうしても証明できないという点です。

それはそれは慎重にメールを書きました。

「関係者のどなたかへ。私は社員番号××の友人経由でiPodを購入し、××のトラッキングナンバーからわかるように12月1日に受け取ったが、その小包は文字通り空っぽだった。詳細な状況はこうだ。(中略)そんなわけで、iPodを盗んだのが私でないことを証明する方法はないが、この点は信じてもらうしかない。ただ私に推測できるのは、誤配送が発生している11月30日に配送業者のところで盗難が起きたのではないかと疑っているということだ。詳しいことは配送業者に聞いてみて欲しい。私に出来ることは、この怒りを抑えるのが精一杯だ。繰り返すが、私はこの原因をあなたたちのせいにするつもりはないが、いずれにせよすぐにiPodが必要だ。返事をすぐにお願いしたい。」

すると、ことのほかあっさりとOKされて、次はFedex経由で送られてきたのでした。一時帰国の予定と重複してタイミングが悪く、実際に受け取った頃には時すでに12月下旬でしたが、ひとまずめでたしめでたし。

。。。であればよかったのですが、オチは続きます。この再配送はアップルのほうで修理交換扱いとして処理されていたらしく、年明けにもUPSがやってきて「壊れた方のiPodを受け取りに来た」とぬけぬけと言うではないですか!

面倒くさいながらもかいつまんで状況を説明し、「返せるiPodなんかない」ということでお引き取り願ったのでした。

そんなこんなで、問題解決に1ヶ月半かかりました。

配送業者が荷物を盗むなんて、日本のサービス業のモラルでは考えられない次元ですが、アメリカで半年を過ごした今となっては、まぁここではありうるよな、と思うようになりました。とにかく面倒くさいことが突然起きて、それと戦う気力がなければ生きていけません。

また、トラッキングシステムに関しても、FedexやUPSに限らずヤマトや佐川にも同様なシステムがありますが、日本に住んでいた頃にはイマイチありがたみがよくわからなかったのですが(荷物は遅かれ早かれ確実に届くものだと思っていたので)、国土が広く、多くの拠点を通過しながら貨物が流通するアメリカで、かつサービスの品質も低いとくれば、トラブルも多くこのようなシステムの必要性が高かったのだろうと実感しました。

今回のトラブルも、このシステムがなければ、弱い消費者の立場では何も頼りになる情報がないということになってしまいますし、上記のような強気のメールも書けなかったかも知れません。

と、強引にシステムの話に持って行ったところで今回はおしまいです。

p.s.

以下のような記事を見つけました。

新品iPodを買ったら、ケースから生肉が出てきた!(アメリカン・バカコメディ振興会)

上記が本当かどうか知りませんが、iPod盗難事件は今シーズンかなりポピュラーな事件なのかも知れませんね。

♪ Luxurious / Gwen Stefani

※このエントリは CNET Japan ブロガーにより投稿されたものです。朝日インタラクティブ および CNET Japan 編集部の見解・意向を示すものではありません。
運営事務局に問題を報告

最新ブログエントリー

個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社