お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

CNET Japan ブログ

国際免許証とトランクルーム

2005/06/08 02:46
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

前回のビザ取得報告エントリには皆さんからの暖かい応援をいただいて、心が洗われる思いでした。心よりお礼申し上げます。あとは現地に到着して入国手続きするまで大きなハードルはなさそうです。

ビザにはこれまでに何度も人生計画を狂わされてきたし、今度こそビザが手元に届くまで渡米の計画を立てないぞと、取らぬ狸の皮算用は一切しないぞと、オオカミ少年に騙され続けた村人のような心理状態でビクビクしながら慎重にコトを運んできていました。

そんなこともあって、仕事は日常どおり容赦なくスタックに積まれてきていたので、現在でも先月のASTERIA本の脱稿以降に預けられてしまったプロジェクトを三つほど積み残しています。

どれも締め切りが詰まっている書き物の仕事なので精神的なプレッシャーがきついのですが、そんなプレッシャーの中、あわてて渡米準備を並行(あるいは閉口)しながら行っているという状況です。

というわけで、今回はこの週末に行った渡米関連イベントを取り上げてみます。

■国際免許証を取得

週末に鮫洲の試験場に行って国際運転免許証を取得してきました。

国際免許証

国際免許は、都道府県の警察が管轄ですから、東京だと警視庁です。

国外運転免許証の取得手続

必要なものは、以下の通り。

  • 日本の免許証
  • パスポート
  • 写真1枚(縦5cm、横4cm、申請前6ヶ月以内に撮影した、無帽、 正面、上三分身、無背景のもの)
  • 手数料(2,650円)

これらを揃えて窓口に行くと、トータル15分ほどであっという間に発行されました。

実は国際免許は去年の2月にも取得していたのですが、出張で一度使っただけでその役目を終えてしまいましたので、また登録にきたのでした。

あと、アメリカで現地の免許を取得するときに、地域によっては日本の免許証を取り上げられてしまうかも、という話を聞かされたのですが、これは本当でしょうか?日本に帰国するときに極めて面倒と思うのですが。

■トランクルームを契約

さて、今回の赴任にあたっては現在の東京の住まい(賃貸)を引き払うのですが、問題となるのは家具等の荷物です。

引っ越し荷物を仕分けしているとき、アメリカに持って行くもの、実家に送るもの、捨てるもの、などと分けていくと、どうしても微妙に日本に置いておきたい小物がでてきます。たとえば日本に出張で一時帰国したりするときに、都内からアクセスしやすいところにちょっとしたものを置けるマイ・スペースがあるというのは安心なものです。

こういうときに活躍するのがトランクルームです。

トランクルームというのは、マンションの小さいワンルームのような造りの2〜3畳ぐらいの空間を、月々の賃貸料を支払って借りるものです。入館キーや個々の部屋にキーがあって、多くの場合は24時間出し入れ自由で空調付きです。倉庫だと気温や湿度が安定しないのですが、トランクルームなら常温で維持されているので、何を預けるのにも安心です。

最近では、トランクルームサービスにも色々と選択肢があって便利です。

トランクルームの検索サイトなんてのまであります。

トランクルーム・レンタル倉庫探しの達人

All About : トランクルームに関する情報

今回は、オフィスの近くに便利なトランクルームが豊富にあったので、希望通りの物件が見つかりました。

トランクルーム

あとは、狭いトランクルームの上下の空間をうまく使えるように棚や脚立を買って設置に行かなければいけないのですが、すでに渡米予定の来月頭まで、一日を除いてすべての週末の予定が埋まっているので、平日を使って作業をしなければいけなくなるかも知れません。

現在、引っ越し関連のToDoリストは30項目を超えています。これを精神的にきつい仕事をしながら片づけていくのは至難の業です。

果たして、このペースで間に合うのでしょうか。。。

♪ Vanessa Carlton / A Thousand Miles

※このエントリは CNET Japan ブロガーにより投稿されたものです。朝日インタラクティブ および CNET Japan 編集部の見解・意向を示すものではありません。
運営事務局に問題を報告

最新ブログエントリー

個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社