お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

CNET Japan ブログ

冷戦終結のとき

2004/04/06 09:06
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

既報のように、サン・マイクロシステムズがマイクロソフトと和解したという発表を行った。

昨日の敵は今日の友--サンとマイクロソフトが和解

サン、先行きの不透明感は払拭できず--マイクロソフトとの和解で

ご存知の通り、サンとマイクロソフトといえばIT業界を代表する犬猿の仲で、「Java」と「.NET」、「UNIX」と「Windows」という対立軸をそれぞれ擁することでIT業界を真っ二つにし、良くも悪くも業界構造をシンプルに理解することに役立ってきた。

派手なパフォーマンスで知られるIT業界の重鎮、サンのスコット・マクネリ、アップルのスティーブ・ジョブズ、オラクルのラリー・エリソンといった創業者トップたちは、いずれもIBMやマイクロソフトのように覇権を握っている「体制」に対する毒舌が持ち味で知られる。いずれもシリコンバレーのスタートアップならではの若くてヤンチャな気負いすら感じられ、この業界の華々しさを演出する上で大変な功績があった。

しかし、まずアップルが宿敵であったはずのマイクロソフトに懐柔され、次はサンときた。

きっかけはシンプルだ。サンは通常のビジネスを行うこともままならないほど余裕がない業績不振に陥ってしまった。サーバ市場、それもサンがかつて得意とした低価格サーバ市場におけるIAアーキテクチャの進化と採用のスピードが予想を超えており、下から追いつかれてしまったのだ。サンが標榜する「オープン化」の過度の進展が、皮肉にも自身のビジネスを侵食している。この問題はかなり根が深く、まだ出口は見えない。株価はピークだった2000年頃の10分の1にまで落ち込んでいる。

しかし年間100億ドル以上の売上をはじき出すハードウェアベンダーとして、また55億ドル相当の現金および現金等価物をバランスシート上に持つ企業としては、マイクロソフトから援助を受ける19億5000万ドルという金額は額面ほど大層なものではない。むしろ、まだ余力のあるうちに有利な条件で和解というカードを切っておきたいという思惑と、市場に対するポジティブなサプライズを同時に狙ったものと考えることができる。マイクロソフトとの資金援助を伴う融和政策についてはアップルという先例もあったから、不安もそれほどではなかったろう。

ついにベルリンの壁は崩壊してしまったのだろうか。

■陶酔状態、そしてその後

「打倒××!!」のようなシンプルな価値観が備わっているとき、組織は想像を絶するパワーを発揮することがある。目標がシンプルであればあるほど組織内に宗教的な一体感を生み出し、誇りに満ち溢れたモーレツ社員たちがゴールに向かって超人的な勢いで仕事をこなす。これは、企業の急成長期にしか味わうことができない体験である。ルールが単純明快であればあるほど燃えるのは、スポーツと同じだ。

一方このような「シンプルな目標」というのは常にシンプル過ぎて危うさを伴うものでもある。しかし、稀有なるカリスマリーダーたちの真価は、そういった現実からの乖離を知りつつも半ば確信犯的に、めくらめっぽうでも思いっきりドライバーをぶっ放すような勇気ある選択をすることにある。細かい軌道修正は、後からやればいいのだ。

そういった原理主義的な陶酔状態にどっぷり浸かっていると、得てして唯我独尊のふるまいを避けられない。サンやアップルやオラクルといった急成長企業が何かにつけて「尊大だ」という批判を浴びてきたのは、この種の陶酔状態は周囲の冷静な目から見ると「思い込み」や「勘違い」といった類に見えるのだということに尽きる。しかしそんなことはお構いなしに、陶酔状態にある彼等は自分たちが特別な存在であると感じ、歯に衣着せぬ物言いで競合を非難し、そして再びそのような自分たちに酔い痴れる。

私も1998年から2000年にかけてオラクル日本法人でIPOをする前と後の絶頂期に所属していたから、その頃の熱に浮かされたような感覚は忘れられない。「こんなにいいときに会社を辞めるなんて、お前はバカか」と当時の社長の佐野さんに言われたことを今でも思い出す(この言いっぷりは恩師・佐野さんの素敵な持ち味である)。これぞ陶酔状態である。

しかし、どんなお祭り騒ぎも永遠には続かない。その後に必ずやってくる静けさは、必要以上に深刻に感じられるものだ。そしてマスコミは大げさに業績不振を書きたて、株式市場は容赦なく経営陣を打ちのめす。

しかし、苦しいときこそ企業の底力が見えるものである。もちろん地位や収入を失う者も出るだろう。その一面だけをとらえれば不幸なことである。しかし、そういう構造転換期こそ実力のある人にとってはチャンスだ。不景気や不況こそがヘゲモニーを代謝させ、過去の成功体験が持つ意味を弱め、古参の社員が若い社員に道を譲るきっかけになるのである。

現に今回の件で弱冠38歳のポニーテールJonathan Schwartzが社長兼COOになったというのも、本人にしてみれば大きなトラックレコードを築き上げたことになる。業績不振は、ある人々にとっては不幸で、同数程度のある人々にとってはチャンスでもあるのだ。そういった爆発寸前の若い人材を常に内部に抱えられているか。シニアな社員と若い社員との間に緊張関係はあるか。それが企業の底力なのだ。

■本質的な競争へ

そもそもサンとマイクロソフトの確執はかなり感情的な部分があった。それは言ってみればユーザ不在の子供の喧嘩のようなものだった。ユーザは誰しも相互運用性が高い平和な世の中を歓迎するものだし、ベンダーと同じ価値観でその製品を使うわけではない。製品を作るベンダーには排他的な熱狂が必要かも知れないが、ユーザは一般に冷静なものだ。しかし、サンとマイクロソフトはパレスチナとイスラエルのように攻撃の応報で互いに引っ込みがつかない泥沼にはまっていた。クロスライセンスさえ拒否してしまうようでは、社会的損失でもある。

この不毛な争いが、サンの業績不振という幕引きにより、より本質的な競争関係へと一歩前進できそうなのである。ユーザの視点からも歓迎すべきことではないか。

マイクロソフトにとって敵に塩を送るという行為は、少なくとも競合の存在を印象付けるという意味で独禁法対策の好材料であるし、王者の余裕を見せつけ主従関係をはっきりさせるイメージ戦略上の狙いもあったろう。

しかし、外交とはチェスで言えば何手先まで読めるかの推理ゲームである。サンには何か切り札があるのかも知れない。最近発表されたソフトウェアライセンスのサブスクリプションベースへの移行など(このこと自体はサンが余裕のない状態でやるのはうまくないと個人的には思っているが)、ドラスティックな試みを恐れていないという点で、アップルが劇的に回復したときのようなマジックが何か起きるかも知れない、と期待している。

♪ Planet 3 / From The Beginning

※このエントリは CNET Japan ブロガーにより投稿されたものです。朝日インタラクティブ および CNET Japan 編集部の見解・意向を示すものではありません。
運営事務局に問題を報告

最新ブログエントリー

個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社