お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

CNET Japan ブログ

ゆるーい、ゆるーい台風の目。「Facebook Developer Garage Tokyo」に行ってきた。

2008/05/22 02:51
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

プロフィール

殿岡良美

幻の博覧会「世界都市博覧会」で、インターネットを応用した公共イベント企画をプロデュースしたことが、ネットでの活動の出発点でした。しかし結果はご存知の通り。あるいはその未完の記憶が満ち足りない思いを私に残してしまったのか、ネットという愛すべきも、摩訶不思議で捉えようのないものに惹かれ続けてきました。リアルとネットが激しい火花を上げている今日。CNETでは、あらゆる前提や先入観にとらわれない視点から、BigBang的なIT論を展開したいと考えています。
ブログ管理

最近のエントリー

5月19日に、Facebookの日本語版が公開され、創設者でCEOのMark Zuckerbergが来日し、その夜に日本初のデベロッパーミーティング「Facebook Developer Garage Tokyo」が東京渋谷区ベーカリーカフェ632 原宿で開催される----と聞けば、行かないわけにはいかないと、雨の中出掛けていったわけだが、同じようなことを考えたのか、満員の来場者、カメラも数台入っていた。

結果的には、Mark Zuckerbergは急遽日本を離れてしまっていたということで、このあては外れたわけだが、それにしても、実にゆるーいイベントだった。主催者によれば、20名程度の来場者を予想していた(ほんと?)とかいうことだが、結果的にはFacebook以外ではほとんど告知しなかったにも関わらず、120名以上の来場者。それはそうだろう。日本語版のニュースはおくにしても、いまや7000万人のアクティブユーザーを抱え、世界2位とは言え、勢いの落ちた1位のMySpaceは背中が見えたどころか、もう射程距離に入っている。
その「キラーガジェット」、Facebook用アプリは20,000を超え、毎日140の新しいアプリが追加されるという。Yahooの買収に「頓挫」したMicrosoftが次に狙う最有力とも噂され、まさに世界のIT業界の台風の目の一つと言えるだろう。

というような企業であるのに、何とこのイベントの緩かったこと(笑)。まだまだ裏の庭で遊んでいたかった子供がいきなり世界の大舞台に引きずり出されてしまった。そんな、ある意味微笑ましいような緩さがこの会場にも漂っていた。それは冒頭のなんとも形容のしがたい、成り行き任せのパフォーマンスと言い、ロゴを転がしてみせるダンサー?の所在のなさと言い。もちろんこれは、ユーザーグループの自発的な仕事であり、企業としてFacebookが正面から向かい合ったものでもないのかもしれないが、それにしてもなー。

 

肝心のfacebookの技術担当者、そして5人の日本側アプリ開発者のプレゼンは、PCの映像コンバートがなかなかうまくいかず、画面が出ない、あるいは解像度が合わずにはみだしてしまう。不手際の連続はおよそ、この注目の企業に似合う身の丈とはお世辞にも言えず、しかし観衆はそれを温かく、生ぬるく、苦笑いしながら見守っている。暖かくも、失笑の連続の中、繰り広げられているのは間違いなく世界の注目を集めているSNS最有望のFacebook、その中でもおよそ我々のデスクトップを根本から変えてしまう可能性を秘めるかもしれない、アプリケーション(ウィジェット)開発プラットフォーム「Facebook Platform」なのである。この違和感は何だろうか。

 

遠い昔、思えばMicrosoftのWindows95登場以前。1990年前後のMicrosoft日本ブランチにも、こうしたある意味不気味な緩さが漂っていたな-どと思い出す。Billが今来てるんだよなんて言われた先に、廊下をぺたぺたBill Gatesが歩いていたりして、それでもへーみたいなその程度の感じだったのだ。いや、重ねて考えるは早急か。

さすがに余裕と見えたのは、予想を超えた数おしかけた開発者たちに、無料の食事と飲み物が潤沢に用意されていたことくらいかな。(これも手際は見事に悪かった!(笑)いったい何を考えて選択したのかわからない、不思議なレイアウトの狭いカフェに、いる場所が見つけられないで呆然と立ちすくんでいる我々の姿もしっかりこの緩い最先端の小道具とされており、あるいはこれが逆に、Facebookという企業の計り知れない自信と今後の爆発力を予兆させているのかもしれない。ユーザーグループの催しであっても必ず企業のカラーは出るのだ。
アプリ開発者も、このような大人数の中でプレゼンするとは予想していなかったようだが、それはえり抜きのGEEKの皆さん。この不思議な不手際をも楽しんでいるかのようであった。開発環境については、僕も勉強中であるが、Ruby on Railsを使用している開発者が多かったこと、(あとはPHP Frameworkが2人)日本にWebサーバを置くと、Facebookサーバとの通信が、実はかなり遅く苦労するということに触れていた発表者が多かったか。

このへん下記の記事が詳しい。

【参考】
http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20080519/302687/?ST=system

終わって原宿の街に出ると雨はほとんど上がっていた。

※このエントリは CNET Japan ブロガーにより投稿されたものです。朝日インタラクティブ および CNET Japan 編集部の見解・意向を示すものではありません。
運営事務局に問題を報告

最新ブログエントリー

個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社