お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

CNET Japan ブログ

ビルマのサイクロン被害は死者15,000人以上の大惨事に

2008/05/06 18:59
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

プロフィール

殿岡良美

幻の博覧会「世界都市博覧会」で、インターネットを応用した公共イベント企画をプロデュースしたことが、ネットでの活動の出発点でした。しかし結果はご存知の通り。あるいはその未完の記憶が満ち足りない思いを私に残してしまったのか、ネットという愛すべきも、摩訶不思議で捉えようのないものに惹かれ続けてきました。リアルとネットが激しい火花を上げている今日。CNETでは、あらゆる前提や先入観にとらわれない視点から、BigBang的なIT論を展開したいと考えています。
ブログ管理

最近のエントリー

ビルマを襲ったサイクロンは、当初の死者350人程度という予想を大きく外れ、今日まで、10万人以上が家を追われ、少なくとも1万5千人が亡くなったという、想像を超える大災害となっている。
被害状況などを知らせる情報をまとめてみた。なお、10日に予定されていた憲法の国民投票は被害地域に関してのみは24日に延期されたということであるが、指定地域以外では予定通り投票を強行すると軍政は発表している。

サイクロン被害の状況(2008年5月6日)
http://www.burmainfo.org/relief/CyclonNargis_20080505.html

5月3日に大型サイクロンがビルマに上陸し、最大都市ラングーンやイラワジ・デルタ地域全域、バゴー(ペグー)管区、カレン州、モン州で大きな被害が出た。ラングーンでは家屋の半数近くが破壊され、屋根が吹き飛ばされた家屋も多い。特に被害が大きかったのはラングーンのフラインタヤー、シュエピタ、ダゴンミョーティッ北、ダゴンミョーティッ南の各地区。イラワディ(エーヤワディー)管区ではチャイラッ郡とラップッダ郡が壊滅的な被害を受けた。ハインジー島では10万人近くの住民が住居を失った。
ピャーポン郡ピンシー村では住民3000人のうち少なくとも2000人が行方不明とのこと。軍政は4000人が死亡したと発表したが、実際の死者数はもっと多いと見られる。(ビルマ情報ネットワークによる注(以下の注釈も同様):なお軍政のニャンウィン外相は6日、国営テレビを通して、全体の死者数は最低1万5千人であり、エーヤワディー管区ボーガレーだけで死者1万人と発表した。)
(配布元: 配布元: BurmaInfo(ビルマ情報ネットワーク)
http://www.burmainfo.org

軍政の非民主的支配により、現在では世界の最貧民国にも数えられるビルマの住民たちには、さらなる打撃となっているようだ。深刻な米不足も懸念される。

ラングーンでは多数が住居を失い、飲料水や電力の供給も途切れている。電気や電話が再び通じるようになるまでに数週間かかると見られる。
イラワジ・デルタ地域はビルマで主要な米の生産地で、サイクロンに襲われたのは米の収穫期直前だった。このため深刻な米不足が起きると予測される。日用品の値段も既に2〜3倍に上がった。(注:現地からの情報では、首都ヤンゴンのガソリン価格は1ガロン(約3.8リットル)あたり2万チャット(2千円)を突破している。リットル計算では5000チャット(500円)を超えている。これはサイクロン前の約10倍にあたる。)
(同上)

また、インセイン刑務所ではパニックになった囚人に軍が発砲し、36人が死亡したという。

刑務所の一部で被害が特にひどかったため、約1000人の囚人が刑務所内の第一ホールに集められた。外から鍵をかけられ、どこにも行くことはできなかった。
囚人らは雨でぬれて寒かったため、火を起こして暖を取ろうとした者がいた。不幸なことに、この火から大量の煙が出て、火は消えたが囚人らがパニックに陥った。状況は悪化し、無秩序状態になった。これに対応するため、ビルマ軍兵士や暴動鎮圧隊が出動し、ホール付近で囚人に向けて発砲した。36人が死亡し70人がけがをした。(同上)

日本政府の動きとしては下記。緊急援助の額は2800万円となっている。

政府は6日までに、死者が1万5000人にも達するなどサイクロンで大きな被害を受けている ミャンマーに対し、テント330張、発電機50機(計約2800万円相当)の緊急援助を行うことを決めた。
シンガポールの備蓄倉庫から拠出し、7日に現地に物資が届く予定。 緊急援助はミャンマー政府が要請した。日本政府は、人権抑圧を理由にミャンマーへの 政府開発援助を絞っているが、今回は緊急性と人道的観点から支援が必要と判断した。
http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2008050600204

※また、日本ユニセフ協会は ミャンマーで発生したサイクロンによる被害を受けた子どもたちを支援するため、50万ドル(約5200万円)を緊急支出することに決定したという。募金の窓口は下記。

http://www.unicef.or.jp/children/children_now/myanmar/sek_my06.html

 

【その他ビルマの被害状況を伝えるリンク】

サイクロンの被害に関する写真・データ:

・ミャンマーのサイクロン被害(毎日新聞)
http://mainichi.jp/select/world/graph/myanmarcyclone/index.html

・サイクロン被害の惨状(BBC、英語)
http://news.bbc.co.uk/2/hi/in_pictures/7383733.stm

・サイクロン・ナルギスの被害状況 (ニューヨーク・タイムズ、英語)
http://www.nytimes.com/slideshow/2008/05/05/world/0505-MYANMAR_index.html

・ニューヨーク・タイムズ:サイクロン被災地と初期被害に関する図(英語)
http://www.nytimes.com/interactive/2008/05/05/world/asia
/20080505_MYANMAR_GRAPHIC.html

・ReliefWeb:被災状況に関する地図資料ほか(英語)
http://www.reliefweb.int/rw/dbc.nsf/doc108?OpenForm&emid=TC-2008-000047-MMR&
rc=3

※このエントリは CNET Japan ブロガーにより投稿されたものです。朝日インタラクティブ および CNET Japan 編集部の見解・意向を示すものではありません。
運営事務局に問題を報告

最新ブログエントリー

個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社