お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

CNET Japan ブログ

決算の一日

2004/10/22 23:07
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

プロフィール

翻訳記事デスク

CNET Japanで取りあげた海外記事を中心に、その日の出来事が1分間でわかるサマリーをご用意しました(このブログの更新は2005年7月29日で終了しました)。
ブログ管理

最近のエントリー

 今日はGoogle、Microsoft、SAPと大手各社の決算のニュースがありました。

 まずGoogleは、好況がつづくオンライン広告の恩恵を大いに享受し、売上が前年同期比2倍、利益のほうはさらにそれ以上の伸びということで、売上は早くも 8億590万ドルに達したそうです。

 Microsoftの決算も事前の予想を上回り、売上が二桁成長だそうです。また、手持ち資金も何と664億ドルに達し、わずか3ヶ月間で38億ドルも増加しています。ただし、長期契約関連の指標である前受収益残高はわずかながら減少となりました。次の大きなマイルストンである2006年のLonghornリリースまで、どのようにしのいでいくのか、ますます注目の集まるところでしょうか。

 SAPの好結果については、ビジネスアプリケーション分野全体の流れという文脈のなかで、2つの解釈が考えられるかと思います。つまり、しばらく黄信号のともっていたこの分野が再び勢いを取り戻しつつあることの証なのか、それとも同分野で淘汰が進み、強者がさらに大きなパイを取りつつあるのか、ということですが、いずれにしても大きな影響力を持つ分野であるだけに、今後も注目していきたいと思います。

 ところで、今日はIntelが、今年初めにぶち上げた1800ドルの大画面テレビを実現するためのチップ開発を断念するというニュースがありました。家電分野の中心を占める(デジタル)テレビが、かつてPCがそうなったように、コモディティ化する可能性がこれでしばらく遠ざかったということになります。また、つぎつぎと新製品を発表している国内大手家電各社の勢い--とりわけデバイスから自社開発/生産をしているメーカーの好調ぶりと、とても対照的なニュースのようにも感じました。

 今日の海外ニュースはざっとこんなところです。次回は月曜日になります。それではよい週末を。

(翻訳記事デスク)

※このエントリは CNET Japan ブロガーにより投稿されたものです。朝日インタラクティブ および CNET Japan 編集部の見解・意向を示すものではありません。
運営事務局に問題を報告

最新ブログエントリー

個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社