お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

CNET Japan ブログ

慌しく、そしていつも通りの一日

2004/08/04 23:34
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

プロフィール

翻訳記事デスク

CNET Japanで取りあげた海外記事を中心に、その日の出来事が1分間でわかるサマリーをご用意しました(このブログの更新は2005年7月29日で終了しました)。
ブログ管理

最近のエントリー

 サンフランシスコのLinuxWorldが佳境に入り、各社から発表が相次いでいます。が、新製品やサービス等の話題が中心で、概ねサプライズはありません(場の性格を考えれば、当然といえますが)。具体的な情報については各々の記事をご覧ください(笑)

 News.comの出足も鈍く、ビリッとしてきたのは西海岸時間で夕方近く(JSTで朝8時頃)からでしょうか。Googleでちょっと検索のしかたを工夫すると、盗難クレジットカード情報まで見つかる、というニュースが飛び込んできました。つづいて、大手検索サイトを中心に、ギャンブルサイトの広告を出していたところが違法だと訴えられました(CNET Japanの親会社にあたるCNET Networksも、一応被告欄に名を連ねたとのことで、悲喜こもごも)

 さらに、Oracleでは、まとめて30件以上の脆弱性を修正するパッチを出す、とのこと・・・夏休みの宿題ではありませんが、こういう問題はまとめていっぺんに済ませようとすると、やはり無理が出てくるかと思います。また、BEAでは先日のChief Architectにつづき、CTOまで退社してしまったようです。IBMや、オープンソースのEclipseなどの台頭もあり、しばらく前から苦戦が伝えられていた--そしてその1年ほど前には、逆に飛ぶ鳥落とす感さえあった(?)--BEAですが、新体制を目指した単なる「血の入れ換え」で済むのかどうか。一歩先に同じような状況を経験し始めてたSunともども、ちょっと興味を引くところです。

 ところで、そのSunは、JavaをめぐるIBMとの確執やら、HPとのサーバ分野での陣取り合戦と、以前から話題に事欠かない会社ですが--和解前のMSとの件は改めて言及する必要もありませんね--、今度は勢いのあるRed Hatに矛先を向けたようです・・・まさに「全方位外交」(?)というか、「IT業界のトリックスター」的な色合いをますます深めている感があります。

 一方、ここのところゴタゴタが続いているRed Hatは、ある意味 LinuxWorldの主役の1人であるはずですが、その基調講演に立ったCEOが自社の財務問題など足元のビジネスに関する事柄には触れなかったそうです。致し方ない状況とはいえ、これを些か期待はずれのことと受け止めた人も少なくはなかったのではないでしょうか。いずれにしても、このCEOが味わった針のむしろには座りたくない、との想いが浮んだ次第(・・・それこそ、取り越し苦労か)

 今日の海外ニュースはざっとこんなところです。
明日はいったいどんなニュースが飛び込んでくるのでしょうか。
それでは、また明日に。

(翻訳記事デスク)

※このエントリは CNET Japan ブロガーにより投稿されたものです。朝日インタラクティブ および CNET Japan 編集部の見解・意向を示すものではありません。
運営事務局に問題を報告

最新ブログエントリー

個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社