お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

CNET Japan ブログ

「エンタープライズな1日」と思いきや・・・

2004/07/16 23:52
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

プロフィール

翻訳記事デスク

CNET Japanで取りあげた海外記事を中心に、その日の出来事が1分間でわかるサマリーをご用意しました(このブログの更新は2005年7月29日で終了しました)。
ブログ管理

最近のエントリー

 今日の海外ニュースは、昨日に引き続き、各社の決算報告の話題をいくつかお届けしました。

 その中で、まず気になったのがIBMの決算報告
ハードウェアやメインフレームの売上が好調だった反面、企業向けのソフトウェア事業が不振だったとのことですが、これってどこかで聞いたフレーズではないでしょうか?そうです、先週からIT各社が第2四半期の決算を報告していますが、企業向けソフトウェアを販売する会社の業績はどこも不振なのです。Siebel然り、PeopleSoft然り・・・。IBMのなかに、今のIT業界の縮図が見えた気がしました。

 携帯電話端末メーカー各社も、決算を発表しています。今日お届けしたのは、NokiaSony Ericssonの決算情報です。Nokiaは言わずと知れた、携帯電話端末メーカーの最大手ですが、アジア勢に押されて、北米でのシェアを落としているとか。ふと、2年前にアメリカで見た携帯電話が、画面がモノクロで、電話機能しか搭載されず、とにかく大きくて重いものだったことを思い出しました(当時、日本では既にi-modeが普及していました)。記事文中にもありますが、アメリカ人はアジアメーカーの携帯電話に搭載されている「和音の着信メロディ」さえも、「先進的なマルチメディア機能」だと感じるようです。個人としては、電話機に流行の機能をたくさん搭載してもらうのも嬉しいですが、それより、今自分の手元にあるこの携帯電話が世界中で問題なく使えるようになって欲しいものです。

 Sony Ericssonですが、こちらは、昨年、経営が黒字化してから、4四半期連続して黒字を達成しました。4月中旬には、ソニーエリクソンが過去最高の出荷台数を記録したというニュースもありましたので、良い予感はしてました。

 ちなみに、折りたたみ式携帯電話は、英語で「clamshell phone(貝殻の形をした電話)」と言います。なんだか、かわいらしい表現だと思いませんか?

 エンタテインメント系のニュースとしては、eBayがデジタル音楽市場へ進出というものがありました。日本でもヤフーオークションで海賊版ソフト販売の夫婦が逮捕されたばかり。いかにして、こういう問題の発生を防ぐかが焦点になりそうです。

 ところで、こうした情報技術を利用したサービスが普及するには、セキュリティを確保する仕組み作りが必要です。米国では、連日のように著作権を始め、個人情報漏洩などを対象とした法律案が国会に提出されています。もちろん、普通のニュースでも大きく取り上げられているほどです。資金力を持つIT業界を味方に付けたいという議員の思惑も大いに働いているようですが。今日、報じられニュースはBush大統領が、フィッシングなどさまざまな身元詐称行為(個人情報の窃盗行為)を刑事罰に処する法案に署名し、この法案を成立させたというもの。もちろん、上記のeBayには、技術の後始末を法律に任せるのではなく、最初から様々な問題に体系的に対処できる技術を確立したうえで、サービスを提供してもらいたいですが、こうした法律がその手助けになるといいですね。

(翻訳記事担当)

 ・・・というようなことで、説明の順番が後回しになりましたが、今日は二人羽織(?)でやっております。

 いま改めて、一日のニュースの見出しを眺めてみますと、昨日とはうってかわり、堅めの「エンタープライズ系」のネタばかりが目立つ印象があります。全体として記事の数も少な目で、「こういう日もあるんだな/この路線で1日終わりそうだな」などと、当日の大勢がほぼ判明する昼頃には、そんな漠然とした思いを抱きながら、少しのんびり構えていた(はず?)のところに、米国側で通常その日の最終便が上がる午後9時(太平洋標準時)に、株価の急落したレッドハット経営陣が株主から訴えられたというちょっとゴタゴタ系のニュースがあがりました。決算発表3日前に辞めてしまった元CFOとそしてCEOが手持ちの株を売り逃げていた、というのが提訴の理由だそうです。後になってみれば、「そんなことして明るみにでないわけわなかろうに・・・(二人の立場を勘案すれば)」と、何の利害関係もない第3者としては、そんなふうにしか感じられない行動ですが、切羽詰まってしまうと、そうそう落ち着いた判断もできないというような人間の性(さが)を思い出させられる話でした、話の本筋からはずれますが。

 さらに、その後1時間以上経ってから、新しいBagleワームがまた出てきたというニュースが飛び込んできました。今度のものは、「どこどこのマシンに感染したよ」とキチンと報告を入れる(?)のだそうです。やれやれ、ご苦労なことで。それにしても、今年1月からひっきりなしに変種が登場してきたこのワーム、いまでは連番(?)が「AF」まで進んでいますから(・・・といいつつ指折り数えてみると)合計32種類も出ていることになります。この調子でいくと、年内には3桁に突入し「.AAA」の登場も見られそうな勢いですが、無論立派な格付けとは無縁の、困った話です。

 そんなことで、今日もやはり騒々しいニュースもお伝えしてしまいました。
明日はいったいどんなニュースが飛び込んでくるのでしょうか。
それでは次週月曜日に。どうぞ、よい週末を。

(翻訳記事デスク)

※このエントリは CNET Japan ブロガーにより投稿されたものです。朝日インタラクティブ および CNET Japan 編集部の見解・意向を示すものではありません。
運営事務局に問題を報告

最新ブログエントリー

個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社