お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

CNET Japan ブログ

「Parallels Desktop 3.0 for Mac Beta 2 Build 5120」、ユーザプロファイルの共有を実現する「Shared Profile Tool」の実装 etc...

2007/08/28 00:03
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

プロフィール

岸 大輔

「Mac OS X Trend Informations」では、Apple、Mac OS X、及び関連アプリケーション、テクノロジ(主に仮想化)等を中心とした各種の情報等をエントリしております。どうぞ宜しくお願い致します。
ブログ管理

最近のエントリー

今月上旬にリリースされた「Build 5060 Beta」において、「Coherence」モードにおける更なる機能強化、ゲストOS内のWindows版「iTunes」を利用した「iPhone」との各種データ同期等が新たにサポートされている「Parallels Desktop for Mac」。Mac OS Xベースのデスクトップ仮想化ソフトウェアにおいて双璧を成すであろうと目される「VMware Fusion」が正式リリースを果たした中、Build 5000番台突入後の新たな展開等にも関心が高まるところではないかと思われますが、この度米国時間24日付にて同仮想化ソフトウェアの最新Beta版に相当する「Parallels Desktop 3.0 for Mac Beta 2 Build 5120」がリリースされ、現在Parallels Software Internationalによる公式ダウンロードページを通じてバイナリパッケージが入手可能となっている他、15日間試用可能なトライアルキーも提供されています。

この度リリースされた「Parallels Desktop 3.0 for Mac Beta 2 Build 5120」における主な変更点として以下の項目等が示されています。

  • ユーザプロファイルの共有を実現する「Shared Profile Tool」の実装。Mac OS X(ホストOS)サイドの「Desktop」「Documents」「Pictures」「Music」各フォルダをWindows(ゲストOS)サイドの「Desktop」「My Documents」「My Pictures」「My Music」として利用可能に
  • CPU利用に関する重要な改善
  • メモリマネジメントの改善。複数仮想マシン稼動時に合計4GB以上のRAM領域を利用可能に
  • 単一の仮想マシンに対して割当可能な最大RAM容量が1.5GB→2GBに増加
  • 「Coherence」モード利用時に、最小化したウィンドウがMac OS X(ホストOS)「Dock」内に格納可能に(「VMware Fusion」における「Unity」ビューと同様のハンドリング)
  • 「Coherence」モードにおける各種パフォーマンス改善
  • 仮想マシンパフォーマンスの全般的な最適化
  • 種々のマイナーフィックス、及び微調整 etc...

「Shared Profile Tool」は初回起動時に共有の可否を確認するモーダルダイアログが表示され、各項目は任意に選択可能となっています。また、設定項目は「Configuration Editor」>「Shared Profile」を通じて随時変更可能となっています(設定変更後はWindows(ゲストOS)を一度ログアウトした後に再度ログインする必要があります)。

初回起動時に表示される共有の可否を確認するモーダルダイアログ

↑初回起動時に表示される共有の可否を確認するモーダルダイアログ。各項目は任意に選択可能となっている他、「Configuration Editor」>「Shared Profile」を通じて随時変更可能(クリックで拡大します)

Mac OS X(ホストOS)、Windows(ゲストOS)間におけるデスクトップの共有

↑Mac OS X(ホストOS)、Windows(ゲストOS)間におけるデスクトップの共有(クリックで拡大します)

【関連Link】

※このエントリは CNET Japan ブロガーにより投稿されたものです。朝日インタラクティブ および CNET Japan 編集部の見解・意向を示すものではありません。
運営事務局に問題を報告

最新ブログエントリー

個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社