お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

CNET Japan ブログ

「Parallels Desktop for Mac Release Candidate(Build 3120)」における変更点等の概要

2007/01/13 23:29
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

プロフィール

岸 大輔

「Mac OS X Trend Informations」では、Apple、Mac OS X、及び関連アプリケーション、テクノロジ(主に仮想化)等を中心とした各種の情報等をエントリしております。どうぞ宜しくお願い致します。
ブログ管理

最近のエントリー

本題に入る前に、まずは旬の話題から……

周知の通り、多方面からの注目を集めた「Macworld Conference & Expo 2007」におけるSteve Jobs, CEOによる基調講演にて、注目のモバイル端末「iPhone」が発表。IT関連ニュースのみならず、一部の一般報道でも報じられる等、大きな盛り上がりを示しているようですが、個人的にはユーザによるカスタマイズ性が制限されている点が若干残念な気も(諸々の事情、思惑等があるようですが……)。尤も日本での発売が実現されるとしたら、その頃には仕様も一変しているかも知れませんが……。

一方で、Macintoshに関するソフトウェア、ハードウェアを通じた主立った発表は「AirMac Extremeベースステーション」が唯一でしょうか?。予想されていた「Mac OS X 10.5 Leopard」の追加プレビューはもとより、新春恒例の「iLife」「iWork」に関するアナウンスもなし。Appleの社名変更も含めて、個人的には一抹の寂しさを覚えた次第です。

そんな中、「Macworld Conference & Expo 2007」期間中において活発な動きを示している各種サードパーティベンダですが、この度米国時間10日にはMac OS Xベースの仮想化ソリューションにてファーストベンダに位置付けられるに至っているParallels Software Internationalより「Parallels Desktop for Mac Release Candidate(Build 3120)」がリリース。現在同社による公式ページを通じてバイナリパッケージが入手可能(約37MB)となっている他、15日間試用可能なトライアルキーも提供されています。変更点等の概要がParallels Support Forumにて示されていますので、以下に内容の一部を意訳してみます。

(ここから意訳)「Build 3120」はリリース候補に相当するソフトウェアです。同ビルドは、後のファイナルリリースにおいて利用可能となるであろう、最終的な機能の大まかな概要を提供しますが、それらは未だ「候補」段階であり、従って生産等を目的とした利用用途は推奨されていません。事前に自らの仮想マシンのバックアップを行った上で御利用下さい。

「Build 3120」では新たな機能を導入しています。そして、これまでのBetaにおいて確認されていた問題に対する幾つかの非常に重要な修正を提供します。

最も広範な修正項目はUSBに関するものです。Webカメラは「Build 3120」から動作するようになるでしょう。また、既ビルドにおいてBetaテスタ達より「動作せず」との報告を受けていたその他の幾つかのデバイスも、当ビルドでは同様に動作する筈です。既知の問題点のリストを以下に示します。

  • 「iSight」、及びその他の幾つかのWebカメラは、未だ動作しないでしょう
  • LogitechのWebカメラは、ドライバパックVer.10.4、及び10.5にて動作しないとの報告を受けています
  • USB 1.1、及びUSB 2.0デバイスを仮想マシンに対して同時に接続した際には、恐らく共に動作しない状況を導くでしょう
  • 幾つかのPalmデバイスは、未だ動作しないでしょう

正確な「ドラッグアンドドロップ」の機能性〜WindowsからMac OS Xへ(逆もまた然り)ファイル、及びフォルダのシームレスなドラッグアンドドロップを実現する、長らく待望されていた機能〜

「Parallels Desktop for Mac」は現在、Mac OS X、Windows間においてMacintoshのファイル構成を完全な状態で共有可能としています。

仮に何れかの理由で、ドラッグアンドドロップ実施以前の状態に復帰させる必要性が生じたならば、「VM Configuration Editor」にて「Shared Folders」を選択し、「Enable Global Sharing for drag-and-drop」オプションのチェックを外して下さい。

安定性に関する修正

多くの「Segmentation fault(セグメントエラー)」(「Parallels Desktop for Mac」のウインドウが不意に閉じてしまう等)が修正されています。また、「Coherence」モード利用時におけるサスペンデッド/レジュームに関する問題、及びWindows領域が無効化される等の厄介なバグが修正されました。And more...(ここまで)

※このエントリは CNET Japan ブロガーにより投稿されたものです。朝日インタラクティブ および CNET Japan 編集部の見解・意向を示すものではありません。
運営事務局に問題を報告

最新ブログエントリー

個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社