お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

CNET Japan ブログ

Apple、「Mac OS X 10.5 Leopard Build 9A303」を配布

2006/11/12 22:39
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

プロフィール

岸 大輔

「Mac OS X Trend Informations」では、Apple、Mac OS X、及び関連アプリケーション、テクノロジ(主に仮想化)等を中心とした各種の情報等をエントリしております。どうぞ宜しくお願い致します。
ブログ管理

最近のエントリー

「Windows Vista」のRTMへの移行が明らかにされると共に、販売開始の具体的なスケジュール等も公表され、いよいよそのリリースを待つのみとなっているようですが、一方の「Mac OS X 10.5 Leopard」の開発状況に関しても動きが見られたようです。既に幾つかの情報サイト等でも報じられ始めているようですが、その中から米国時間10日付で掲載されているAppleInsiderの記事を採り上げてみたいと思います。

上記LinkのAppleInsiderによると、Apple Computerは今週、次世代オペレーティングシステムのプレリリースビルドにおいて、最新版に相当する「Mac OS X 10.5 Leopard Build 9A303」を開発者達に提供したとの事。新たなディストリビューヨンに精通した情報筋達によると、同ソフトウェアは「Mac OS X 10.5 Leopard Build 9A303」と称されており、リリースにおける主目的の一つとして、「Build 9A283」(前ビルド)に存在していた幾つかのパフォーマンスに関連したバグを除去する事等が挙げられているようです。

前述の情報筋達によると、10月中旬に「Build 9A283」をシードして以来、Appleはこの度の最新ビルドにおいて、

  • ネットワークの接続性問題によって引き起こされ得た「Finder」におけるハングアップの減少
  • Time Machine」の初期バージョンにおける幾つかのパフォーマンス強化
  • 起動時におけるクラッシュによって「Timbuktu」「Eudora」の利用が妨げられていたという欠陥の修復
  • Safari」のバグレポート機能等の問題を修復

等といった改善を施しているとの事。しかしながら、「Mac OS X 10.5 Leopard」には未だ1ダースを超える既知の問題点のリストが引き継がれていると伝えられており、それらには、

  • 「iChat」におけるファイル、及びQuickTime関連のエラー
  • 「iDisk」との同期の失敗
  • Hewlett-Packardラスタプリンタにおけるプリント時の問題
  • ゴミ箱において、削除されたアイテムがリスタートするまで消去されないかも知れない
  • 「MacBook Pro(Core 2 Duo)」が「AirPort」カードを認識しない
  • アカウント上にて「FileVault」プロテクションを有効にした後、最初のログインに失敗する

等の問題が含まれていると伝えられています。また、リリース時期に関しては諸説囁かれているようですが、Appleは従来通り、2007年上半期中の何れかに準備されるであろうとの主張を続けていると伝えられる一方、より早期におけるリリースを目標としているかも知れないという幾つかの推測等も存在するようです。

【関連Link】

※このエントリは CNET Japan ブロガーにより投稿されたものです。朝日インタラクティブ および CNET Japan 編集部の見解・意向を示すものではありません。
運営事務局に問題を報告

最新ブログエントリー

個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社