お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

CNET Japan ブログ

安易に派遣、抜けられぬ実態・・・

2007/08/07 09:58
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

プロフィール

長島 淳治

年商30億円未満の元気の無いソフトハウスの経営者、経営幹部、リーダーそして現場で頑張っている全ての関係者が 今の下請け稼業から新たなステージに飛び立とうと考えた時に読んで欲しいブログです。 主にマーケティングとセールスを中心に発信していきます。中でも今の時代に求められているセミナーを活用した有効な販売戦術:セミナーマーケティング活用法の詳細な解説も展開していきます。
ブログ管理

最近のエントリー

あるデータリサーチ会社の調べによると、ソフトハウスは全国に

約16,000社程あります。

しかし、その約85%が年商10億円未満の会社です。この事実は

想定内だったとは言え、今の業界の状態を如実に現すデータでした。

    

私は仕事柄、多くの悩みや課題を抱えている経営者の相談に

乗ってきました。その多くが下請けによる苦しみでした。

実はソフトハウスの経営者は技術者であるケースがほとんどです。

営業経験が少ない方が多く、独立してからお客様を集めるという

手段が分かりません。そこで、前職時代の人脈を頼りに営業します。

当然、その先にはSI企業が待っています。

       

独立した動機も、自分スタイルの仕事がしたいから。組織で窮屈を

感じたから。前の会社が倒産の危機だったから、と様々ですが、

起業したいと熱い気持ちで立ち上がっている方は、相談に来られる

方にはあまり見られません。

        

まずは生きる為に仕事を探す必要があります。そこで、安易に派遣

前提の下請け構造に入り込みます。まずは生活のため、生活のため・・・。

これが実は負のスパイラルの始まりです。少しずつ社員数が増え、

仕事量も多くなっていきます。社長自身も最初は現場に出ているので

採用しても教育なんてする時間もありません。採用しては現場に。

採用しては現場に。

        

やがて社員数が多くなり、社長が現場に出なくても仕事が少し回転

する様になってきます。本来なら、その余裕が出来た時にこそ、会社

を変革するチャンスなんです。

       

ところが、入社してくる社員を相変わらず派遣にだす習慣は

変わることがありません。これは会社の経営において甘い罠ですが

毎月の入金が安定するというメリットがあります。

受託型になると、プロジェクトの進捗によってキャッシュフローが

傷む可能性があります。延期やプロジェクト遅れが、経営者の頭を

痛める原因となります。しかし、派遣による人貸しビジネスであれば、

必ず毎月、決まった入金があります。それは経営者にとって資金繰り

に頭を痛めずに済む、安息を約束された場所に感じます。

      

ところが、現在の様に人月単価の下落、短納期化、品質重視の流れ

更には、偽装請負問題や再々委託禁止の環境、加えて、オフショア

ニアショアによる新規参入の脅威といった様々な外圧から、これまで

オアシスの水が一気に枯渇し、砂漠化しようとしています。

何もしなくても上手くいっていたビジネスモデルが、音を立てて崩れよう

としているのです。

        

今、唯一といって良い派遣開発モデルの拠り所は金融関連です。

多くの会社がその領域に集まり、価格競争を繰り返して疲弊しています。

それでも、現状のビジネスをもはや変更する事が出来ません。

1970年代より創業されたオーナーがいる会社は、ほとんどが60歳

に近くなっている経営者です。未来を見据える事が出来ず、今を懸命に

生き抜くしか方法を見出せません。

         

今も多くの経営者が安易に技術者派遣のビジネスに参入しています。

私がお会いした派遣ではなく成長している企業は、強烈にそのビジネス

からの脱却を心に決めています。

それが出来るか、出来ないかが大きなポイントになります。

安易に派遣を始めて、何時かはそのモデルから脱却しようと考えて

いたとしても、営業が苦手、あれも苦手、これも未経験という状態のまま

では、決して変革する事は出来ません。

一度入り込んだら、甘い罠にはまり、習慣に落ち込んでしまう為に

抜け出す事ができなくなります。業界の闇の部分、しかし経営者にしか

分からない、多くの問題がそこにあります。

      

※ブログをお読みの皆様にお知らせです。

 メルマガを同時に発刊しています。ご興味がありましたらお読み下さい。

 ソフトハウスのための幸福経営論 好評発刊中!

 http://www.mag2.com/m/0000186996.html

※ブログをお読みの皆様にお知らせ その2です。

 上記メルマガでも問合せを多く頂いていますが、無料小冊子

  『中小ソフトハウスを元気にする30の方法!』をご希望の皆様

 にお送りしています。4月から配布を始めて、現在195名の皆様

 にお読み頂いています!

 詳しい内容は下記アドレスからお読み下さい。

 http://www.funaisoken.co.jp/magazine/magazine_4/MG225/NM8527.html

※ブログをお読みの皆様にお知らせ その3です。

 8月に中小ソフトハウス経営者向けのセミナーを開催します!

 詳しい内容は下記URLをご覧下さい。

 ゲスト講師も素晴らしい方です。お会いできるのを楽しみにしています!

  http://blog.mag2.com/m/log/0000186996/?c=bsc

 御連絡、お待ちしております。  以上、お知らせでした。

※このエントリは CNET Japan ブロガーにより投稿されたものです。朝日インタラクティブ および CNET Japan 編集部の見解・意向を示すものではありません。
運営事務局に問題を報告

最新ブログエントリー

個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社