お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

CNET Japan ブログ

ソフト会社に新卒採用って必要?

2007/05/14 10:16
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

プロフィール

長島 淳治

年商30億円未満の元気の無いソフトハウスの経営者、経営幹部、リーダーそして現場で頑張っている全ての関係者が 今の下請け稼業から新たなステージに飛び立とうと考えた時に読んで欲しいブログです。 主にマーケティングとセールスを中心に発信していきます。中でも今の時代に求められているセミナーを活用した有効な販売戦術:セミナーマーケティング活用法の詳細な解説も展開していきます。
ブログ管理

最近のエントリー

■新卒採用か、それとも中途採用か・・・

 前回の投稿で、ソフト業界での採用難について取り上げました。

幾つかのコメントを頂き、皆様の関心度合を実感しました。

やはりソフト業界の職場環境にはマイナスイメージが定着している

と実感すると共に、この業界の変革を志す者としては、やはり

真摯に受け止めるべき課題だと感じました。

 私のご支援先でも採用に関しては大きな悩みとなっています。

中でも議論となるのが、新卒採用なのか、それとも中途採用なのか。

中途を選択される経営者は即戦力を期待しています。これはすぐに

売上に直結するイメージです。

新卒を選択される経営者は色々な事を考えています。

組織の活性化や教育への志向という前向きな話題もあります。

当然ながら、利益確保の為のピラミッド構造確保という裏目標がある

ケースも見受けられます。

しかし、そもそも新卒採用はどの位の企業規模から必要になるのでしょうか?

■新卒採用ができる条件って?

 私がご支援の中でお話しているのは、年商規模及び従業員数が7億円・

70名になる前後からが時期だという事です。

新卒採用とはそもそも会社にとって何が必要となる出来事なのでしょうか。

新卒とは、当然ながら何も知りません。社会人としての経験もありません。

アルバイトや学校で学んだ事が役に立つ事はあると思いますが、圧倒的に

経験が不足しています。

この様な状況で新卒の為に必要なこと、それは間違いなく教育です。

それも成果が上がる教育となります。

もっと詳しく話をすると、どうすればその会社で成果の上がる社員となるのか

明確なルールに則って、教育のカリキュラムが構築されている必要があります。

そこで先の年商及び従業員数に戻ります。

実は、年商5億円未満の会社は、まだまだ属人的な仕組みで動いています。

売上を安定的に上げる仕組みが決まっておらず、人に依存した売上構造が

出来ています。

ところが、年商7億円を超える売上を安定的に生み出せる様になると

そこには勝利の方程式がある程度出来上がっています。

それを仕組み化にまでしているかどうかは別ですが、どうすればこの売上を

確保できるという事が経営者に計算できる様になるのです。

この状態になって初めて、会社は新卒社員を採用する枠組みが出来上がります。

ソフト会社では大体5億円を超えて7億円近くの企業が最適規模です。

それまでは、どちらかと言えば中途を中心の採用戦略を考えた方が

確実だと思います。

結論から言えば、成長ステージに応じて新卒採用は必要となります。

その事を意識して、自社の内部を見てみて下さい。

※ブログをお読みの皆様にお知らせです。

 メルマガを同時に発刊しています。ご興味がありましたらお読み下さい。

 ソフトハウスのための幸福経営論 好評発刊中!

 http://www.funaisoken.co.jp/magazine/magazine_3/MG225.html

※ブログをお読みの皆様にお知らせ その2です。

 上記メルマガでも問合せを多く頂いていますが、無料小冊子を

 ご希望の皆様にお送りしています。

 詳しい内容は下記アドレスからお読み下さい。

 http://www.funaisoken.co.jp/magazine/magazine_4/MG225/NM8527.html

 御連絡、お待ちしております。  以上、お知らせでした。

※このエントリは CNET Japan ブロガーにより投稿されたものです。朝日インタラクティブ および CNET Japan 編集部の見解・意向を示すものではありません。
運営事務局に問題を報告

最新ブログエントリー

個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社