お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

デジタル製品

[レビュー]音楽時々ビデオ、所によりYouTube(第1回)--アップル「iPod touch 16Gバイト」

2007/10/15 22:33
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
>>iPod touch(第2回)レビューはこちらから

薄さ際だつ新世代iPod

  • iPod touchのパッケージ。他のiPodシリーズとは違い、紙箱に収められている

 iPod touchは他のiPodシリーズのジュエルケースに収められたパッケージとは違い、紙箱に起毛処理がしてあるケースと、傷が付かないように丁寧にパックされて手元に届く。使い始めるときも、それだけ製品をデリケートに扱うことへ意識が向けられるというか。

 パッケージにはフィルムで丁寧に包まれたiPod touch、おなじみの白いステレオイヤホン、Dockコネクタ部が小さくなったUSBケーブル、既存のDockに対応させるためのアダプタ、そして見慣れない透明のプラスティック部品が同封されている。この部品は縦にも横にも使えるスタンドである。これが入っている理由は、ベッドでYouTubeを見ようとしたときによく分かったので後に述べる。

  • 側面。薄さが目立つ

 iPod touchを最初に手に取ったときに、薄い、とにかく薄い、と言う感想を持つ。サイズは110mm×61mm、厚みは8mmで主さは120g。これがiPod touchの物体としてのサイズだが、表がすべてディスプレイで覆われていて、しかも新しいiPod nanoよりわずか2mm厚くなっただけの筐体は、120gという重量でも、指2本でもしっかりとつまめる。

 表面には下にボタンが1つある以外はすべてディスプレイだ。ディスプレイは480×320ピクセルを表示する3.5インチのカラー液晶ディスプレイで、Multi-touchテクノロジーによってタッチパネルの操作を受け付ける。

  • 開封すると、フィルムにくるまれたiPod touchが出てくる

  • 背面。フィルムをはがす口が出ている

  • パッケージの内容

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Apple公式サイト

個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社