お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

デジタル製品

もう難しいなんて言わせません!「iLife '08」バトンレビュー--第2回iMovie '08編

2007/09/05 21:19
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新しいiMovieできました

 アップルのマルチメディアアプリケーションソフト「iLife」が「iLife'08」へとバージョンアップした。この「iLife」はMacを購入するとプリインストールされており、誰でも簡単にクリエイティブな作品をつくることができると大変人気のあるソフトだ。そのなかでもビデオ編集ソフトiMovie'08は今回のバージョンアップにおいて大きな変化があった。そこで実際にムービー作品を作りながら、iMovie'08を体験してみた。

 iMovie'08を起動してまず驚くのは、「iLife'06」までの「iMovie HD」とはまったく異なるデザインとなっていることだ。iMovie HDでは画面右側にビデオカメラから読み込んだクリップが並び、左側に大きくプレビュー画面、その下にクリップを並べてプロジェクトを作成するようになっていた。しかしiMovie'08では画面が横半分上下に分けられている。

  • 従来のiMovie HDの画面

  • iMovie'08の画面。大幅なレイアウト変更は操作系の一新によるもの。イベントのクリップがフィルムストリップのようにならんでいるので、イベント全体を俯瞰的に見通すことができる。イベントライブラリとプロジェクトライブラリの配置は交換することも可能


>>「iLife '08」はどう進化したか?バトンレビュー--第1回iPhoto '08編 はこちらから
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Apple公式サイト

個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社