お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

デジタル製品

魅惑のブラック--Apple MacBook 13インチ 2.0GHz Intel Core Duo

2006/05/25 16:43
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

13インチの新しいデザイン

  • MacBookの箱。内包されたマシンと同じカラーが印刷されている。箱はとてもスリム

 コンシューマー向けノートブックのiBookから名前が変わり、MacBookに変更された。最大の変更はPowerPCからIntelプロセッサに変更されたこと。しかもMac miniには用意されていたIntel Core Soloモデルは用意されておらず、MacBookすべてがIntel Core Duoを搭載しているあたりで、MacBookへの力の入れようが伺える。用意されているのは、1.83GHz Intel Core Duo・512Mバイトメモリ・60Gバイト HDDを搭載したモデルが13万4800円、2.0GHz Intel Core Duo・512Mバイトメモリ・60Gバイト HDDのモデルが15万9800円、2.0GHzモデルに80Gバイト HDDを搭載しブラックボディをまとったモデルが17万9800円。今回はブラックモデルをチョイスした。

 iBookといえばポリカーボネイトの光沢があるボディという印象があり、MacBookのホワイトモデルでもこの意匠は継承されている。しかしこのブラックモデルには光沢がなく、ツヤ消し処理になっている。この質感には一見の価値がある。そしてマットな表面に浮かぶ白いリンゴマークは、より強い印象を与えてくれる。これは以前黒い筐体で用意されていたPowerBook G3のようだ。

 僕が今まで使っていた15インチPowerBook G4との比較の写真を掲載しておいた。PowerBook G4は大きさ348mm×243mm、厚さ28mm、重さ2.54kgだった。これに比べてMacBookは大きさ325mm×227mm、厚さ27.5mm、重さ2.36kg。本当に一回り小さく、ほんの少しだけ軽くなった。Intelチップの採用でアップルから小さくて軽いポータブルを求めていた人にとっては、少し大きすぎるのではないだろうか。しかしその大きさを許せる質がMacBookには備わっている。それは毎日見続けるインターフェース、ディスプレイである。

  • 開封した箱の内部

  • 内包品一式。Mini DVI-VGAコネクタはBTOオプション。Mini DVI-DVIコネクタも選べる

  • マシン前面の右端にはスリープランプと赤外線受講部が配置されている

  • 右側面に配置されるスロットローディング式の光学ディスクドライブ。ブラックモデルはディスクガイドまで真っ黒

  • 左側面のポート類。MagSafe電源コネクタ、ギガビットイーサ、Mini DVI、FireWire400、USB2.0×2、ライン/光デジタル入力端子、ヘッドフォン/光デジタル出力端子、セキュリティスロット。

  • 裏面。リチウムポリマーバッテリにはバッテリ残量インジケータがついている。ねじ類もすべて黒で統一されている

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Apple公式サイト

個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社