お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

スクリーンショットを自動合成--縦長の画像を作成できる「Tailor」

2016/10/22 10:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Tailor - Automatic Screenshot Stitching
価格: 無料(2015年03月14日時点)
おすすめ度:

4.0

  • 開発:Foundry 63, LLC
  • カテゴリ:仕事効率化

 「Tailor」は、縦長のスクリーンショットを作成できるアプリだ。iPhone標準のスクリーンショット機能を使って撮影した複数枚の画像を自動的に合成し、縦長の1枚の画像を作成するという仕組みを採用していることから、Safariなどに限らずあらゆるiPhoneアプリに対応できるのが特徴だ。

 利用にあたっては、まずiPhone標準のスクリーンショット撮影機能(電源+ホームボタン)を使い、縦長のページを上から下まで撮影しておく。この際、つなぎ目となる部分が認識されやすいよう、重複するエリアを広めに取っておくのがコツだ。

 カメラロール内にこれらの画像が保存された状態でアプリを起動すると、自動的に画像が読み込まれ、縦長の画像が合成される。処理は自動的に行われ、合成が可能な場合は「Share」ボタンが表示されるので、カメラロールへの出力やメールへの添付などが行える。合成がうまくいかない場合は「Unable to Stitch」と表示される。

  • まずはiPhone標準のスクリーンショット機能を使ってページを上から下まで撮影しておく。今回はApp Store上の本アプリの紹介ページを試してみよう

  • 本アプリを起動。画像が自動的に合成され「Share」ボタンが表示される

  • 「Share」ボタンを押すとカメラロールへの保存をはじめとした選択肢が表示される

 合成は単純に画像をつなぐだけでなく、ヘッダ・フッタのように画面をスクロールしても同じ位置に表示されるパーツは最上部と最下部にのみ表示されるよう調整してくれる。またこの手のアプリではスクリーンショットの保存時に強制的に幅を縮小する場合もあるが、本アプリでは原寸大で表示されるためクオリティも高く、再利用も容易だ。

 画像が何十枚にもなると「Share」ボタンが表示されるにもかかわらず出力ができないなど、上限については少なからずあるようだが、その場合は枚数を減らして再度試せばよい。注意したいのは重複エリアやヘッダ・フッタにアニメーションGIFやローテーションするバナーが含まれている場合で、絵柄が差し替わることで異なるページと認識されてしまう。またスクリーンショットの撮影間隔が分単位で空いてしまった場合も正しく処理されないので、撮影時に注意する必要がある。

 このように若干クセはあり、また繰り返し試すと合成ミスも少なからず発生するのだが、これまで同種のアプリはブラウザ(Safari)にしか対応せず、かつ前述のヘッダ・フッタは重なったまま撮影されてしまうケースがあったことを考えると、幅広いアプリに対応でき処理も自動的に行われる本アプリの意義は大きい。プレゼン資料に貼り付けるためにウェブページの全体像を撮影したいといった用途から、SMSアプリで特定の相手とのメッセージのやりとりを記録するといったプライベートな用途まで、このアプリ1本あれば幅広く活躍してくれるはずだ。

  • 作成された画像。重複がないようきちんと合成されるのはもちろん、共通のヘッダ・フッタも最上部と下部にのみ表示されるよう調整されている。なお無料版では最下段に本アプリのバナーが入る

  • 枚数が多すぎる、重複エリアが少ないなどの原因でうまく合成できない場合はこのように「Unable to Stitch」と表示される

  • 画像の最下部に挿入される本アプリのバナー広告が気になるようであれば、有料のアドオンを購入して除去するとよい

>>Tailorのダウンロードはこちらから
ビジネスアプリセンター

iPhoneの記事一覧はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社