お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

支出管理の救世主、レシートを撮影するだけの家計簿iOSアプリ「ReceReco」

2013/04/06 08:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【無料家計簿の決定版】ReceRecoレシート撮影で支出管理
価格: 無料(2015年03月14日時点)
おすすめ度:

4.0

  • 開発:BRAINPAD INC.
  • カテゴリ:ナビゲーション

 ReceRecoは、レシートをiPhoneのカメラで撮影すると、内容を読み取って自動的にデジタル化してくれる家計簿アプリだ。撮影したレシートの変換性能はかなり高く、ほとんど修正がいらないほどだ。また、店舗の電話番号が入るように撮影すると、サーバの情報を参照して店舗名を自動で入力してくれる機能があり、これがまた非常に便利だ。Evernoteと連携して、1レシートの情報を1ノートとして保存できる。ただし、収入を管理できる機能はなく、あくまでも、レシートがある場合に支出管理ができるアプリということになる。支出管理の手間を少しでも減らしたい人にぴったりだ。

  • カメラを起動し、オレンジ色のガイド線を目安にレシートを撮影。長いレシートの場合は長尺モードにしておく

 ReceRecoを使用するには、最初にデータバックアップなどに使用するアカウントを取得する必要がある。Facebookとの連携機能を利用して、入力の手間を省くこともできる。Everenoteとの連携機能を利用する場合は、設定画面から携するための操作を行っておく。次に、画面下部のカメラアイコンをタップし、オレンジ色のガイド線にレシートの各行を合わせて撮影する(このとき、店舗の電話番号が入るように撮影するのがポイントだ)。少し待つと、撮影画像から読みとられたデータが表示されるので、必要に応じて修正する。

 費目の割り当ては、「費目一括設定」でまとめて行えるほか、1項目ずつ選択することもできる。費目は、あらかじめ用意されている項目から選択する必要があり、現在のバージョンでは、自分で追加したり削除したりはできない。費目を1つずつ選択するのはかなり大変な作業になるので、一括で設定してから、変更したい品目の費目のみを変更する方が早いかもしれない。費目を設定しないと、グラフ表示で内訳が見られないため、支出の分析には役立たない。面倒でも費目を選択しておくのがよいだろう。

 一緒に保存しておきたい写真があれば、品目ごとに写真を撮影できる。ただし、レシート自体の写真は残らない。この点については、最初のレシート撮影時の写真が同時にカメラロールにも保存され、後から参照できるとさらに便利になるのではないかと感じる。すべての修正と追加などが終了したら、画面右上の保存ボタンをタップして、レシートのデータを保存する。Evernoteには、10分おきにデータが自動送信される(Evernoteで管理しやすいように、レシートにはタグを付けることもできる)。

 「グラフ」画面では、費目別の合計金額や割合が確認できるほか、フィルタ機能を使用して、期間や費目を絞って分析に役立てられる。支出管理に必須と思われるCSV形式でのデータの書き出し機能のほか、カメラロールからの画像の読み込みや、広告を非表示にするオプションについては、今後のアップデートにて対応予定とのことだ。とにかくレシートの入力そのものが面倒だと思う人にとって、簡単で継続しやすいReceRecoは支出管理の救世主となるだろう。

  • レシートの変換結果。電話番号から自動的に店舗名が入力されている。日時や品目名、金額などの変換精度はかなり高い

  • 費目の選択画面。費目は既存の項目の中から選択する必要がある

  • Evernote用のタグを追加。具体的な店舗名はレシート情報の中にあるので、Evernoteで探しやすいプロジェクト名や顧客名などをタグにするのもいいだろう

  • グラフ画面。費目の割り当てがない場合は「未分類」に入る。割合を見るには、円グラフの方が見やすいかもしれない

  • 期間や費目を絞って表示することもできる

>>ReceRecoのダウンロードはこちらから

ビジネスアプリセンター

iPhoneの記事一覧はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社